反原発フェスに望むこと。(TDK(6762))

最近は、前よりは少なくなったかもしれませんが反原発運動というのが続いています。

確かに、東日本大震災を得て再び原発事故が起こったらいけませんし、核のゴミに対しても問題が解決したわけではありません。

といいつつも、反原発を反対される方もたくさんいます。確かに、太陽光はまだまだコストパフォーマンスとしても全然ダメですし、火力発電もコストがかかり空を汚くします。

ぼくは音楽が好きなほうだと思うのですが
ミュージシャンは反対派のアーティストが多く

岐阜県では

中津川 The Solar Budokan
20151013_185326
という太陽光発電をメインとしたフェスが

東京では
20151013_185145

という反原発のフェスが開催されます。

そこでアーティストが反原発を訴えたり、
太陽光発電の素晴らしさを訴えて
観客が盛り上がるということになるのですが

そこで、ぼくは思うのです。
デモとか抗議でない
音楽フェスだからこそ
もっといい言葉があるのではないかと。

それは

『フェスから帰ったら、しっかり勉強してTDKに入社しよう!!!!』

と訴えてほしいのです。

。。。うーん。書いたら、絶対になさそうですね。あんまり盛り上がらなさそう。かっこわるい。。。

あっ。もちろん別にTDKでなくてもいいですよ。

なぜ、そう思ったかといいますと
TDKの資料をみていたら、やはり技術を一番考えないといけないと思うのです。

TDKは電子部品の超大手企業です。
20151013_190343

その資料に電力のロスを防ごうといった特集があり
20151013_185256
そこには
20151013_185407

風力発電機用ネオジムマグネット
太陽光発電のパワーコンデンサー

の説明がありました。
こういった説明を読むと本当に凄いと思ったのですね。

なぜなら、どこでも作れる製品なら
たくさんの企業が争ってたくさん製造するはずですが

品質を上げてライバルに差をつけるというのは並大抵のことではありません。

性能を上げて製作するというのは一気に飛躍するものではなく、ものすごい実験をして、たくさん失敗をして得た積み重ねでしかなしえません。 

そういった事を研究し、現状の製品より性能がいい発電施設を作ることが一番のエコではないか。と思うのです。

太陽光発電
風力発電
そして原子力発電

すべてに日本最高峰の優れた研究者が
コツコツとがんばって今の発電所を作られているわけです。

そういった研究者に敬意を表すとともに、本当にこれから太陽光発電などエコに全面的にしていくのであれば、自分が勉強してその研究者になるべきなのではないか!そういった啓蒙活動がミュージシャンという立場はしやすい立場なのではないかなぁ!

と思って書いてみました。(..;)

追伸 TDKの株の話ほとんどしていない。。。(*_*)

追伸の追伸 この前ペパボの日記を書いた時に肝心な計算を間違えていました。申し訳ございません。訂正いたしました。

◆株のおしゃへり会 “Kabu Berry39″次回は12/19になります。よろしくお願いします◆
KabuBerry39 詳しくはこちらをクリック!

◆ランキングクリックにご協力お願いします。m(_ _)m◆

       にほんブログ村 株ブログへ


2015-10-13 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

新着記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)