企業を手放す日(日本M&Aセンター 2127)

20160202_071622

1からこつこつ積み上げたものを、そのままましていたら価値が減ったり最悪なくなってしまう。しかし、手放すのはとても惜しい。

というのは株でいう塩漬け状態なのですが、株以外にも言える気持ちかと思います。

株ではなくて会社を手放すお手伝いをしているのが日本M&Aセンターです。

業績好調で

20160202_071550

長期チャートでみましたら株価も右肩上がりです。買うタイミングがわからないですね(^_^;

なぜ需要が豊富かといいますと、日本は少子高齢化のため、老人の人口が多く→ということは自営業者も多く後継者がなかなか見つからないというのが大きい問題かと思います。
20160202_071429
仕事で商店街とかいきましてもご年配の方が頑張られてる方は本当に多く若い人は全然いないですね。

実際に存在需要もたくさんあります。
20160202_071448

現在年間の成約件数は今期400件くらいになるかと思うので、存在需要の12万件とはかなり差があります。(もちろん存在需要が全部お客様になることはないのですが。(^_^;)
20160202_071514

あと、お客様も自分で探す事なく金融機関が紹介してくれるというのもメリットかと思います。

20160202_072119

成功事例を見て気になるのですが
同業に売るというよりも
類似企業にM&Aしてもらうことが多いですね。

20160202_072136
書いていたら、とてもいい企業ではないかと思うのですが株価は既に高いですね。ここで買わなくてはと思う気持ちとやっぱり高いという気持ちが産まれます。
安かろう良かろうはなかなかないものです。

ホームページではたくさんの成功事例がのっているのですが、実際創業者で企業を譲る日というのはお金よりも気持ちがかなり揺れ動いてからの決断になるかと思います。全ての企業には壮大なドラマがそれぞれにあって事業を譲る決断までを追ったドキュメンタリーとかあったら泣いてしまいそうです。(^_^;

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

546546

◆ランキングクリックにご協力お願いします。m(_ _)m◆

    にほんブログ村 株ブログへ


2016-02-02 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

新着記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)