2018-08-01

ファンデリー(3137)と健康食と会員数を分析してみました


健康食通販のファンデリーを調べてみました。

基本データ

つい最近上場したと思ったら三年前です。時がたつのは早いですね。

 

売上・経常の推移(年間)

少しずつ着実に成長しています。

売上・経常・売上高経常利益率の推移(四半期)

四半期でみたら結構変動があります。

3Qが高いのは年末年始で食事作りなくない人が多いからなのでしょうか。

利益率は高いですが少しずつ悪化しているようにもみえます。

ROE ROA

ROE,ROAともに高いビジネスモデルですね。

売上原価率、売上高販管費率の推移

原価率は良くなって、販管費が増えています。理由が気になるところです。

進捗率(今年度・前年度 1Q終了地点)

去年と似たような水準です。

有利子負債額・自己資本比率

無借金です。

配当推移

配当より成長です。

まとめ

高齢化社会を迎える中
健康食のニーズは間違えく高くなると思いますし
ファンデリーは病院から紹介されているわけですから
これからもニーズが高まるのが予想できるのですがだからこそ気になるところを書きますと

会員数は5%以上伸びているのに

前年同期比で1%しか売上が伸びてないのだろうか。

というのがどうしても気になります。

 

会員になる。→健康食が思ったより美味しくない→辞める。

の流れが多い気がします。
しかし、健康食でカロリーは糖分控えめの食事なのでこの部分は仕方ないような気もしますが。。。

 

ファンデリーは定期コースへの誘導を勧めてますのでこの部分の成長が今後の鍵なのかもしれませんね。

それこそ健康食通販というのは良いサービスだと思うので

投資家目線で言いますと
◆介護施設用の商品も揃える
◆フランチャイズ化する

すればいいのでは

ってシルバーライフそのままですね(>_<)すみません。

等すれば一気に売上伸びるのではないかと思うのですが、これは外野のぼくがあーだこーだ言うだけなので、既に選択肢として考えたとは思うのですが。。。

これからも楽しみですね!

 

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください