2018-08-02

駅探(3646)とクラウド型旅費交通費精算サービスを分析してみました

駅探を調べてみました。

最近株価が乱高下していますね。

基本データ

売上・経常の推移(年間)

売上・経常・売上高経常利益率の推移(四半期)

ほとんどが売上7億円前後です。利益は若干落ちていますね。

少しつづ利益率が悪化しているのは気になるところです。

ROE ROA

まずまずのROEです。

売上原価率、売上高販管費率の推移

最後の4Q何が起きたのかと思いましたら、4Qから会社買収効果ですね。それにしても綺麗な原価率・・・。

 

有利子負債額・自己資本比率

負債ゼロです

配当推移


配当性向ほぼ30%ですね。

まとめ

乗換案内っと無料でもあるし、どんな業績なんだろうと思ったら思った以上に手堅い企業なんですね。最近の利益低下は気になるところですが・・・。

そんな駅探が新事業で「クラウド型旅費交通費精算サービスの導入」と書いてありました。

それをみた瞬間

あっ、ラクスの楽楽精算!

と思ったのですが

■ラクスという先行企業がいるから負けると思うし先行きが暗そう。

■ラクスの楽楽精算の驚異的な伸び率をみたらこの分野にはまだまだブルーオーシャンで参入したら明るそう。

と2つの考えがよぎりました。どらちが当たるかはまだわからないところです。

まずはリリースを期待していまして、それからの結果が楽しみですね!

 

■予約受付中■
  

   にほんブログ村 株ブログへ

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください