2018-01-27

セレス(3696)のNEMマイニングは儲かるのか?そしてコインチェック株の行方。

コインチェック事件がどうしても気になります。
被害に合われた方には本当に少しでも戻ってくることを願っています。としか言い様がないのですが

例えるから 銀行強盗 に近いものだと思うので
この件で仮想通貨の評判が下がらないことを望むところです。
銀行強盗入られても円は信用できないという人はいないですよね。。
(もちろん仮想通貨の価格とは別問題です。)

セレスのマイニング

セレスは去年末からNEMとWavesのマイニングを行っています。

ホームページを見てみますと

どちらも「blockchain」を強調しています。

それにしても仮想通貨の種類は増える一方です。

でも去年と比べてマイニングしても儲かるのだろうか。とも思います。

NEMもWavesも価格が下落したとはいえ一年前と比べたらかなり高値ですし。

セレスの業績修正について

と思っていたらセレスは業績修正を出しています。

理由は

■ポイントサイトのモッピー好調

ということで3Qで示されているフィナンシャルサービス(株の売却益)での記述はありません。

ポイントサイトはリスクなくポイント(お金)が貯めれるのは人気の秘密なのかもしれませんね。

これにより4Qは

売上 54-39.8=14.2億
経常 9.5-9.8=-0.3億 になります。

株の売却益の2Qを除いたて考えると

売上・・・大幅増
利益・・・マイナス

という今までにない変化があります。
評価が本当に難しいですね。

将来の投資に使ったのか、

マイニングで売上が伸びたものの利益は産まなかったのか。

詳細がものすごく気になります。それは短信を待つことにします。

 

セレスと売却株そしてコインチェック

セレスの2Qは株式売却益なのですがどの株を売ったのかも気になります。

900万円が8億円になったというのはガンホーとかRIZAPレベルの儲け率です。約100倍。

非上場企業への投資はハイリスクハイリターンというのがよくわかります。

では、その株はなんだったのでしょうか。

 

2016年末の有価証券報告書より

2015年末の有価証券報告書より

うーん。

どれが該当するのかわからないものですね。

バリューデザインは上場株式ですので評価が簡単なのですが

それ以外には非上場株式ですので金額が難しいものです。

8百万円なので「その他」に分類されてるかもしれませんが1年でそんなに価値があがる株ってなんだろうというのも気になります。

ちなみに「レジュプレス」は「コインチェック」の事ですがこの事件で倒産してしまった場合は、セレスも5000万円損がでてしまいますね。(あっても損は5000万円のみですが。)

調べれば調べるほど仮想通貨関連は奥が深いものなのですが、セレスに関しては早く短信をみて詳細を調べてみたいと思うのでありました。

追記 コインチェックは全部返金の見通しがたち良かったです。

ということは、新たに考える事がありましてそれは

「セレスが保有するレジュプレスの5000万円の株の価値はどう考えても5000万円ではない。」

という事です。

2015年セレスはレジュプレスと業務提携を結んでいますが
https://ceres-inc.jp/news/detail/20150814/

その当時は月の取引高が3.5億円です。

それが今はビットコイン-円だけでも
https://jpbitcoin.com/market/volume
8兆円あります。

2年半で20000倍以上です。
ということは(今は難しいとは思いますが)もし
コインチェックが上場したら
月取引高が5兆円に下がったとしても利益として
年数百億円以上はありそうですし
そのような会社は○千億円(場合によっては1兆円以上)あってもおかしくありません。

セレスは(ネットで拾っただけなので真偽に自信はないのですが)10%ほどコインチェックの株を保有しているということなので、それだけで○百億の価値が5000万円にある可能性があります。

実際どう営業再開するかもわからないですし、
非上場企業ですし、仮想通貨もどうなるかわからないのですが、
今のところセレスはソフトバンクみたいな含み益が
あるということは想像できるのでありました。

 
 

   

facebook    にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください