2018-02-01

業績の感想 グローバルウェイ(3936)は復活の兆しがあるのか考えてみました。。

キャリコネ等のサービスを行うグローバルウェイの決算です。

Number 001 2018.02.01 業績修正

 

上場ゴールチャート&下方修正という
なんとも言えない感じになっていますね。

理由をみてみますと


◆固定資産の特損
◆キャリコネからの求人が予想未満
◆ビジネスアプリは想定より売上増
◆TimeTicketの広告費増

と書いてあります。

減損はこの有価証券の部分ですね。

 

上場ゴールで下方修正なら良いことない。と一言で片付けてもいいのですが

あえて良いことで気になる事を書きますと
今回売上の修正が微減でした。となりますと下期は40%も売上増加になります。

上期はほとんと同じだったのになぜそうなのか?という疑問がどうしても思い浮かべるのですがそれはちゃんとした決算で詳しくみていきたい所です。(これで売上の再度下方がある場合は上場企業としてどうかと思います。)

ただ、普通に広告費を減らして売上固定するなら利益はでると思います。でもそのような事ができるのだろうか?とも思います。

あとTimeTicketの仕組みというのは

自分の一時間売りますみたいなサービスなのですが、犯罪の温床にならないかちょっと心配してしまいます。風俗要素、出会い系のないサービスだとは思いますがそのような使い方をする人悪い人もいるのでは?と思うのです。

絵餅で立て直しを書くと
すべてをビジネスアプリ(Salesforce等)を売る会社にすればあっという間に黒字になると思うのですが
こういうのは本当に外野は言うのは簡単ですよね。

これからどうなるのか気になりますね!

■予約受付中■


   にほんブログ村 株ブログへ

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください