2018-01-05

脳の記憶補助装置(ナレッジスイート(3999))


キャッチフレーズというのは
付けるのは簡単心に響くのは本当に大変です。
毎回ブログ書くときにタイトルを考えるのですが
ピンと来ることは残念ながらあまりありません。
こういった時に糸井重里さんが偉大だと感じます。

最近のIPOのナレッジスイートのホームページをみたら

「脳の記憶補助装置」

という事が書いてありまして
素晴らしいキャッチフレーズでやられた!と思いました。

それは一体どのようなサービスなのでしょうか。

ナレッジスイートのビジネスモデル

ナレッジスイートは中小企業向けの営業支援ソフトを発売しています。

営業内容を報告するだけで内容が可視化されるということですね。

確かに入力が簡単そうで

その後に分析もでき営業成績の向上に役立ちそうです。

ナレッジスイートとKDDI

KDDIが上得意様になっていまして

株も大量保有しています。

KDDIが利用するわけではなく中小企業にOEM版を販売しています。
ただ正直いいますと本当に良ければKDDIも利用すればいいのにとは思いますが(^^;)

ナレッジスイートの業績

書いていたら、脳の保管装置と書いてありますが、肝心なところは

「法人向けクラウドソフト」

でいいと思いますので

これまでと同じように

ラクス、マークラインズなどと同じく安定した増収増益になると思います。もちろん株価は先取りしていますね。

それにしても月々は安くてもトータルだと買い切りの方が安くなると思うけど、それでもクラウド市場は本当に強いですね!これからの展開が楽しみですね!

■予約受付中■


   にほんブログ村 株ブログへ

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください