シリコーンの未来はわからない!?(信越化学工業 4063)

『東京ディズニーランド』はなぜ『千葉ディズニーランド』もしくは『舞浜ディズニーランド』ではないのだろうか?

いうのは昔から言われる疑問なのですが
もし、『舞浜ディズニーランド』だったらなんか地方のテーマパークで大きなイメージがあまり生まれません。

マザーズ銘柄で大げさというかスケール感のある銘柄の名前が多いのもそれが理由なのではないかと思います。

そんな言葉のイメージだけで先入観を持つのはおかしいではないかとじってあるのはおかしいではないかと、ぼくは思うのですが恥ずかしながら、つい数年前まで名前のみの先入観で小さい会社と思っていた会社がありまして。

信越化学工業
20160427_071927

を信越地方の小さな化学メーカーだと調べずに思ってたのです。
20160427_071812

売上1兆円超えている列記とした大企業なのに『信越』だけで判断するのは愚の骨頂ですね。
20160427_073649

これが東京化学とかワールドケミカルだったらスケール感か違う名前なのですが名前で判断するなと自分に言い聞かせたいです。

信越化学は大正15年信越窒素肥料株式会社として発足したのが始まりです。

20160427_071848

現在は塩化ビニール、シリコーン、半導体シリコーンなど世界首位レベルの商品がたくさんあります。
20160427_072024

塩化ビニールはちょっと調子が悪かったのですが
20160427_072108

シリコーンや20160427_072137

半導体シリコーンがカバーしています。
20160427_074551
ただ、来期はアップルの減収見通し→スマホがより厳しい状況になるかと思いますので注意が必要ですね。

大企業といえば為替の影響がどうなるのか気になるところなのですが、来期の見通しを見てみたら『未定』になっていました。これでは分析ができません(^_^;ただ、会社としてかなり心配しているのはわかりますね。
20160427_072238

世界首位の材料が多いのであれば信越化学の業績で世界景気がわかるのではないかとちょっと思うのでありました。

追伸

会社の歴史をドラマ化したらものすごく面白いと思います。半年くらいかけてどこかしないかなぁ。。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
TOP_Slide4
詳細はこちらをクリック!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆ランキングクリックにご協力お願いします。m(_ _)m◆

    にほんブログ村 株ブログへ


2016-04-27 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

新着記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)