2018-12-05

武田薬品工業(4502)のシャイヤー買収について考えてみました。

ぼくが書くよりも詳しい人がたくさん書いてそうなお題ですね。(実際書いては見たものの自分は勉強不足を痛感するだけだったり。。。)

 

 

武田薬品工業が7兆円の買収を可決しました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38558220V01C18A2MM0000/

シャイヤーアイルランド製薬大手です。

買収には

現金 3兆円
新株 4兆円でまかなうとの事ですが

それがどの程度の影響を与えるか考えてみました。

 

まず株ですが2018/12/05の時価総額が3.3兆円ですので4兆円新株発行すると、既存株主の影響は半減します。

ソフトバンク(スマホ)でさえ2兆円集めるのに大変なのに4兆円の新株って誰が買うのだろうか。というのも気になります。(もちろん決まっているとは思うのですが。。。)

 

 

決算短信を見てみますと

武田の現在の純資産は2兆円あります。

 

しかし、資産の中には

のれんと無形資産で2兆円あります。この価値が本当に2兆円なのか気になるところです。

ちなみに手元の現金ってどうなのだろうかと見てみましたら

現金としましては買収価格に到底及びません。

そう考えると今回の買収はマザーズ企業でよくみるハイリスク覚悟のハイリターン狙いとも言えます。

では、なぜそれをするのかといいますとマネー現在によりますと

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56162?page=3

フェーズ3   が

武田・・・3

シャイヤー・・・15

という事で将来の収入源を確保したい狙いがあるのがわかります。

将来どうなるかはわかりませんが、個人的には「大成功」か「大失敗」のどちらかなのではないかと思います。

今後の展開が楽しみですね!

 

 

facebook    にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください