アキュセラがもし成功したとして適性時価総額を参天製薬(4536)から推測する。

20160527_195242
この意味のないブログのネタがあるのなら発表する前に書けよ!後出しで書くな!と怒られそうです。ごもっともです。今日思いついたネタ&今後他の投資にも使えるヒントになるのかなぁ。と思いメモとして書いてみます。

アキュセラの下落が止まりません。
逃げ場がまったくないのでホルダーは悲惨です。
20160527_200642

インサイダー疑惑もありますのでもし寄り付いたとしても
インサイダー疑惑があった株を積極的に買いたいと思う人も少なくなります。。

そんな中、まったく意味のないタラレバが浮かびまわした。


■もしアキュセラの結果が良かったものなら株価はいくらになるのだろうか?■ 

ということです。

成功したら今後薬が売れて凄い利益をあげ株価は10000を超えるのではないか?
と思うものの結構織り込み済なのではかいか?と思うこともあります。

それは実験がうまくいかなかった今ではわからないのですが、似たような事例はないかなぁ。と思い調べてみたら

8年前に参天製薬が開発した
緑内障の治療薬というのを見つけました。

緑内障は本当に大変な病気です。失明の可能性もあります。
http://www.alcon.co.jp/about-alcon/wgw2015.aspx
20160527_194233

アキュセラが研究していたドライ形加齢黄斑変性と比べて患者も凄い人数になります。ケタ違いの患者数です。
20160527_194740

そんな中、参天製薬が治療薬として2008年にタフルプロストという画期的な薬を上市しました。
20160527_195242

昔のラジオ日経の番組で特集がありまして
http://medical.radionikkei.jp/suzuken/final/090108html/index2.html
20160527_201212

効果があるという結果がでています。
20160527_195940

タフルプロストは世界中で売れるようになりまして
20160527_194037

それなので参天製薬の緑内障のシェアは拡大して国内では30%を超える緑内障治療薬になりました。
20160527_194054

では、そんな緑内障の薬はどれくらいの売上があるのでしょうか。

そのデータがなかなか見つからなかったのですが2013年のがありました。

74億円です。
20160527_202316

参天製薬はタフルプロスト以外の緑内障の薬もありますのでそれの合計をしましたら250億円です。ということはこのペースなら300億円ほどになるかもしれません。
20160527_202436

で、参天製薬の売上は1900億

20160527_202921

なので

300億÷1900億=15.7%となります。

現在の参天製薬の時価総額は6700億円です。

20160527_203157

ですので

勝手に推測する

参天製薬の緑内障分野の時価総額は

6700億×15.7%=1051億円

となります。

ちなみにアキュセラの最高値7700円の時の時価総額は2880億円です。。。

もちろんアキュセラの薬がオプジーボレベルの薬価の高さだったら別ですが(そしたら保険制度がしっかりしていない世界で売れるか謎です。。。)患者数の多い緑内障でシェアをしっかりとった参天製薬の緑内障の評価を考えたらアキュセラが成功したとしてもちょっと高いのではと思います。。。

上記の事をわかりながら、高値で買い煽りをしている人がいたのであればそれは良くないと思います。

インサイダーはもっと良くないと思います。

しかしどんな事があっても自分のお金は自分で守るしかありません。

10年前、北尾さんの言葉を信じて社長がいうから間違えないみたいことを思い資産を大きく減らした自分を思い出しながら書いてみるのでありました。←今になっては減らした原因は100%自分としか言えません。。。高い授業料でした(@@;)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


全画面キャプチャ 20160525 222349
詳細はこちらをクリック!


TOP_Slide4
詳細はこちらをクリック!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆ランキングクリックにご協力お願いします。m(_ _)m◆

    にほんブログ村 株ブログへ


2016-05-27 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

新着記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)