ペプチドリーム(4587)のみずほ証券レーティングの9230円は妥当性があるのか考える。

全画面キャプチャ 20160311 232106

バイオ企業の市場価値というのは本当に難しいです。
将来薬が発売されてしっかり売れたら割安になる。
しかし、それまでは割高。という事が多いと思います。

ぼくには判断がまったくわかりません。
わからないならその記事書くなという話ですが^^;

そんな中みずほ証券がペプチドリームに対しまして9230円というレーディングを出しました。
全画面キャプチャ 20160312 93229

今の約2倍です。

ペプチドリームの株数は5526万株ですので

全画面キャプチャ 20160312 04141

もし9230円になりますと

9230円☓5526万株=時価総額5100億円になります。

時価総額5100億円ということは
PER20だと純利益255億上げなければいけません。

現在はだいたい純利益10億円くらいですので将来25倍必要となります。
すさまじい成長です。

全画面キャプチャ 20160312 93317

ペプチドリームは特殊ペプチドによる創薬ベンチャーです。全画面キャプチャ 20160311 232140

特殊ペプチドは今までの薬よりも分子が細かくなっています。
1/100ですね。
全画面キャプチャ 20160311 232237

そのためペプチドリームによりますと今までの薬と比べて万能かと思います。
全画面キャプチャ 20160311 232221

それが認められてノバルティスや第一三共などさまざまな大手企業と取引しています。
全画面キャプチャ 20160311 232951

ただ、いろいろ書きましたが

「みずほ証券の結果がわかるのは10年以上かかるのでは。」

ということです。
現在全て合わせて16+21=37本の開発を行っています。
全画面キャプチャ 20160311 233243

しかし、どれもフェーズ1までいっていないのが状況です。
全画面キャプチャ 20160311 233307
全画面キャプチャ 20160311 233324

リニカルの資料ですがフェーズ1から最短でも10年前後かかります。
で、フェーズ1から発売に至るのは1/5以下です。ほとんどが途中で頓挫します。

もちろん上市されなくてもさまざまな報奨金がはいってきますが
全画面キャプチャ 20160311 232319

ペプチドリームの資料を見る限り一番たくさん貰えるのは上市後のロイヤルティです。
ということは、おいしい果実は薬が発売されてからとなります。
全画面キャプチャ 20160311 232935

10年はほんとうに長いです。
2006年はリーマンショック前の好景気になっています。

そう考えたら、みずほ証券は何を確証してレーティングを上げたのかちょっと気になるのでありました。
(ただの、ポジトークだったり^^;)

追伸 バイオ銘柄の記事を書くとどうも夢のないことを書いてしまいます。すみません^^;
自分がバイオに投資できないチキンなのがよくわかりますね(><)    もちろんこういったファンダは直近の株価の値動きとはまったく別物ですよー^^ ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 546546

◆ランキングクリックにご協力お願いします。m(_ _)m◆

    にほんブログ村 株ブログへ


2016-03-12 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

新着記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)