そうだ転職しよう~外資系求人の世界(エン・ジャパン4849)

日曜日が終わりますと月曜日になりまた仕事が始まります。

「頑張ろう!」と思うもの、今の仕事は・・・・と思う人は転職という道を考えます。

そんな中、数年前爆笑問題がCMをしているもので

「転職は慎重に」

という転職サイトとは思えないキャッチフレーズを出してきたのがエン・ジャパンです。
20160131_095559

このような姿勢を今でも打ち出しているというのは売上だけではないといったイメージを持たせることができますね。

実際「転職したら条件が悪くなった」といった話は山のようにあるわけですから慎重にという言葉は本当に正しいと思います。
最近は日本も景気が上向いてきたこともあってか業績は順調そのものです。
20160131_094958

その資料の中で今後の転職の予測がありました。

その中で確実に伸ばしていこうと思えるのが
グローバル人材紹介(外資系で働いたり、外国で働いたりすること)です。
6年で1.6倍の市場規模が見込まれるとのこと。
20160131_090022

エン・ジャパンはen worldを中心にグローバル人材紹介にも力を入れています。

20160131_093407

グローバル人材紹介の世界

さて、グローバル人材紹介って普通の転職と何が違うのでしょうか。

ちょっと見てみます。

求人検索は普通の転職とほとんど変わらないのですが
20160131_092241

勤務地の選択肢が国単位になっています。
20160131_092151

では、求人内容の一部を見てみましょう。
勤務地は東京という企業も多々あるのですが一番目につくのはやはり年収です。

600万―1300万
1500万-2200万

など、普通の求人サイトでは見られないような年収ばかりゴロゴロしています。

20160131_101301
これを見ていたら、ぼくも転職したくなってきました。

安月給の今の会社ともおさらばです!!!!!!!

。。。。。と思ったのですが最大の壁がありました。

応募条件です。

見てみますと

20160131_101338
とか
20160131_101318
こんな感じの条件ばかり。

つまり
英語必須でその上難関専門知識が必要になってきます。

・・・・・どちらも属していない自分は今の会社で頑張ろうと心を新たにするのでした^^;

話を戻しますと、このグローバル人材紹介の分野が伸びるという事は
転職されたくない既存の企業もスペシャリストによりお金を払う必要が出てくるかと思います。

しかし、人件費というのがトータルで向上というのはなかなか考えづらいと思いますので
できる人の人件費のためにできない人の年収がより削られたり
派遣を使い捨てする必要がでてくるかと思います。

そう思うと、
努力は裏切らない(しかし、努力する人より努力しない人はより厳しい)世界になっていくのかなあ。と
グローバル人材紹介動向から思うのでありました。

完全にアリとキリギリスですね^^;

追伸 書いていて自分は大丈夫だろうか。うーん。と自問自答中。。。。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

546546

◆ランキングクリックにご協力お願いします。m(_ _)m◆

    にほんブログ村 株ブログへ


2016-01-31 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

新着記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)