2018-07-28

キャリアインデックス(6538)について分析してみました

転職まとめサイトキャリアインデックスを運営するキャリアインデックスを調べてみました。
最近株主数で二部に落ちそうになったのですが、無事に一部に残れることになりましたね。

基本データ


Twitterでつぶやかれることは少ないですが、時価総額をみたら人気株ですね。

売上・経常の推移(年間)

綺麗に伸びています。

売上・経常・売上高経常利益率の推移(四半期)

売上は順調に伸びていますが利益率は徐々に悪くなっているようにも見えます。

ROE ROA


結構高いROEですね。

売上原価率、売上高販管費率の推移

転職サイト紹介なので原価はほとんどありません。

販管費は少しずつ悪くなっているようにもみえます。

販管費ってなんだろうと思いましたら

ほとんど広告宣伝費ですね。

 

有利子負債額・自己資本比率


0です。

配当推移


今期はまだ未定ですがでると思います。

まとめ

上場時に「キャリアインデックスはじげんの転職exと同じ内容だから価値ってあるのかな?」と思ったのですが

まとめ記事によると

https://tensyokusaito.site/kyujin-oudankensaku/

横断できるサイト数が転職exよりも遥かに多いです。こういった事を上場時に調べるべきですね。

今後求人が悪くならなければ順調に伸びるとは思いますが、年々広告比率が高くなっているところは気になるところです。

 

あと、ネットマーケティングでも同じこと思うのですが

登録者数を調べてみました累計表示が合うビジネスと合わないビジネスがあって、キャリアインデックスは転職なのであわないと思います。

なので新規登録者数のみでデータ教えてほしいなぁとも思いました。

 

「データのおまとめ」というのはエイチームでもじげんでも増収増益の鉄板ビジネスモデル(株価はわかりません)だと思っているのですが

ここは株主数が増えなかったのかちょっと謎に思うのでありました。

IR活動頑張ってください。よかったらKabuBerry Labでお待ちしています。←ってここに書いても仕方ないですね^^;

 

■予約受付中■
  

   にほんブログ村 株ブログへ

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください