2018-01-03

画像処理検査装置の成長率は? (ヴィスコ・テクノロジーズ(6698))

半導体業界が活発になりますと半導体を検査するのも間違えなく必要になります。

半導体を検査と言っても目だけではできないことばかりですので機械が検査のお手伝いというのが主流になりますね。

 

ヴィスコ・テクノロジーズのビジネスモデル

 

ヴィスコ・テクノロジーズは画像の自動検査装置を販売しています。

様々なパターンでも対応Okで

様々な種類があります。2900万画素って凄い細かいのも見れますね。

カラーでも検査できるというのは凄いですね!

 

ヴィスコ・テクノロジーズの業績分析

業績も安定的に伸びています。

受注も安定的に伸びていますね。

お得意様が「日本航空電子工業」と書いてあります。

航空部品にも使えるということになりますね。

 

ヴィスコ・テクノロジーズの気になるところ

 

さて、株価は将来が見込めるとしてかなり高値をつけていますし、株価はどうなるのかわからないのですが1つだけ気になる所がありまして

短信を読んでみましたら

「画像処理検査装置の伸び率は6%」と書いてあります。

それで6%を上回って7.7%が見込めると書いてあるのですが、今(2018/01/03)の株価って7.7%で本当に満足している数値なのかな?また、業界自体がゆっくり成長でヴィスコだけ急激成長ってあるのかな?

というのは疑問に感じました。

画像認識は本当に必要な分野です。

これからもしっかり育ってほしいですね!

■予約受付中■


   にほんブログ村 株ブログへ

関連記事

コメントを残す