脱毛エステとのれん(RVH 6786)

日本の決算発表で不思議だなぁと思うところに

◆日本式会計制度
◆国際財務報告基準(IFRS)(そーせい、ソフトバンク、楽天などが採用)

の2つの会計制度が混在しているところがあります。
この二つの大きな違いは

のれんを認めるか認めないか?
だと、思います。

のれんの説明
20160304_072816

簡単にいえば、買収時に価値以上に払ったお金はのれんとして計上しなくてはいけないのです。しかし、IRFSではのれんを認めていませんのでその必要はまったくありません。

さて、RVHが上方修正をだしました。

20160304_072702

RVHは年末に脱毛エステのミュゼプレミアムを買収していましてその効果によるものです。

20160304_073923

文書を読んでいると

のれん代を7739百万20年間償却。でも金額は変動するかも。と書いています。
20160304_074627

買収金額が変動って何だろうと思いましたら

20160304_073416

買収金額は60億ですが、今までのお客様の大半は回数券を購入していますので、それをもし全部消化したら587億になるとのことです。

20160304_075629

しかし、時効を迎えているものは住所不明で消化しないものもたくさんあるとのことです。ということは半分としましても消化しないで250億以上どぶに捨てているお金があるってなにか変な感じもしますがおいておきます。

話を戻すと

日本式とIFRSでは決算表示が違いすぎるのではないかと思うのです。

◆日本式はのれんがはいりますので

7739百万÷20年=386.9百万円費用がかかっていますので

売上 12330
営業利益2330
純利益1440

になります。

しかし、IFRSではのれんがないので

◆IFRS式

売上 12330
営業利益 2330+386
純利益 1678

になります。

16.5%も純利益が変わってきます。

ぼくとしてはどちらが正しいとは思わないのですがルールは1つにまとめたほうがいいのではと思うのでした。でも歴史をみてみれば難しそうですね(^_^;

 

追伸 ホームページにはいつでもキャンセルOKと書いておきながら
20160304_073901

経営の重点課題にキャンセル率の低下を書いていてビジネスは本当に難しい事を教えてくれますね。

20160304_081118

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

546546

◆ランキングクリックにご協力お願いします。m(_ _)m◆

    にほんブログ村 株ブログへ


2016-03-04 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

新着記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)