2018-10-10

CRGホールディングス(7041) をと国家資格が跳ね上げる数字について考えてみました。

人材試験のCRGホールディングスを調べてみました。

CRGはコールセンターや工場などで別企業で派遣業を行っています。

売上をみてみますとだいたい10%程度で成長しています。

損益分岐点を超えたばかりでもしかしたらこれから利益が膨らんでいくのかもしれませんね。

これですと「安定成長している」とも言えますし
「同じ派遣で考えると、この成長率なら夢真ホールディングスみたいな割安だし成長率高い銘柄たくさんあるのでは。」とも言えます。

先程の事業別の売上を見ますと

 

前期180億の売上の中で

キャスティングロードが128億円

ジョブス42億円

とキャスティングロード社でメイン事業になるのですが

短信を読むと

 

ジョブス社は好調なのですが

キャスティングロード社含む人材派遣を読むと

件数・・・・25%減

単価・・・・74.4%増

全体2.5%増

と書いてあります。

これをみて

■件数はなぜ減っているのか?

を、まず書いてほしいということと

■国家資格で一気に単価があがるということは・国家資格→稼げる資格 もしくは 今まで→格安すぎる賃金 のどちらなのだろうか。

ということが気になりました。

いずれにせよ、件数が回復しないと安定成長は難しいと思いますのでここの原因に注意していきたいです。今後の成長が楽しみですね!

 

■予約受付中■


関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください