電子書籍のビジネスモデルについて考える。 ブランジスタ 6176)

ブランジスタは最近上場した会社なのですが
ネクシィーズ+幻冬舎というイメージまずありまして

実際、株主をみてみると
それらに加え
楽天やらレプロやら入っていて
社長は大株主にいないサラリーマン社長という会社です。

20150928_191102

それにしてもレプロという大きな芸能事務所が
こうやって株主をしているのはなかなかないケースだなぁ。と思いました。
20150928_080826

なので所属女優の新垣結衣さんを広告に使えたり、
今月号の旅色の表紙は川島海荷さんなり有名女優を結構使えるのは
こういった事でブランドをつけて、
他の事務所のさまざな有名女優を使えるのに波及できているかもしれませんね。
ずっと思った以上に有名人を使えているのには、そのような理由があるのですね。

20150928_080944

ただ弱点かどうかはわからないのですが
前期の新規の分だけ解約があります。
ストックビジネスの割には更新が少ないのではないか。と考えます。

これはなぜかと考えた時に
思った以上に広告の効果が出ないのではないかと思うのです。
最低価格は年間18万円です。

——–ここからすべて妄想計算となります。——-

ということは一泊15000円でその時の利益は4000円くらいの仮定します。
(ホテルの利益率これであたっているかはわかりません。^^;)
そうなると

18万円÷4000円=45人になり

1ヶ月に4人くらい効果がないと難しいですね。
ということは団体客で言いますと1組ですか。

現在4000店舗ありますので
すべての会社に儲けが出るのは

4000店舗☓45人=18万人となりますので

この広告効果で見た人の5人に1人

1人が3人誘って4人旅をしたとしても

雑誌を見た人の20人に1人が均等に旅に出なければ
全部に掲載広告に効果がでなくなります。

まぁ、どんな広告でも全部効果の意味がでることはないとは思うのですが^^;

しかし、20人1人が1年に一回旅で雑誌の広告を使う。というのも
かなりハードルが高いのではないかと思うのです。

なので
ぼくはこの割合だったら大半が効果が出ていない→広告をやめる。
→しかし、読者は増えている。→新規広告が増える。

の繰り返しなのではないかと思ったりします。

というのも

■無料で見れる雑誌でそんなに旅に行きたい人がいるのか?

と思うのです。
スマホゲーでも無料だからこそ何百万ダウンロードとなりますが
実際にはじめに2000円払うようにとなれば
ダウンロードも間違えなく激減しますよね。

なので、100万人の中にほんとの旅好きって
じゃらん購入読者と比べて遥かに少ないのではないか?
と思ってしまうのです。。

だから効果が出ないので
広告やめる企業も多いのではないかと思うのでした。

とは、新しいチャレンジをしている企業には
間違いないので頑張って欲しいですね!

追伸

20150928_080906

 

この表では1ヶ月に100万人みていると書いてますが、小さい文字でipアドレスで統計をとっています。

ということが1人で
◆スマホ
◆タブレット
◆パソコン

で見たら、1人で分身の術が使えるのですね。
なんか誇大広告の時は小さな文字でフォローというのが多い会社だなぁ。。。

参考資料 成長可能性に関する説明資料pdf

 

株のおしゃべり会in名古屋 ”KabuBerry39″ ダイテックサカエ 12月19日土曜日


2015-09-28 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

新着記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)