2018-08-21

コロワイド(7616)と優待経費について分析してみました


甘太郎や牛角などを展開するコロワイドについて調べてみました。

基本データ

優待効果があり超人気株です。

 

売上・経常の推移(年間)


直近は2500億円程度の売上で推移しています。

 

売上・経常・売上高経常利益率の推移(四半期)



年々利益の振れ幅が大きくなっています。前期から1Q3Qが強いように見えますね。

ROE ROA


ROAでみると特にそこまで高いとは言えません。

売上原価率、売上高販管費率の推移

原価も販管費もほぼ横ばいです。企業努力がうまく行っているのかもしれません。

 

進捗率(今年度・前年度 1Q終了地点)


去年よりも進捗率が低めでする2Q4Qが良ければ良いのですが。。。

 

有利子負債額・自己資本比率

1000億円ほどの有利子負債があり、自己資本比率も低めです。

 

配当推移


5円は割合としては低いですが配当性向としてはかなり高いです。

まとめ

他の外食と比べたらちょっと経営効率が。。。とは思いますが、規模がまあまあ大きいため一発当てたら大きそうです。

今年に入り既存店がいまいちなのはちょっと気になりますが。。。

さてコロワイドといえば優待です。
毎年500株で40000円の食事券がもらえます。

4万円とは結構大きいですね。

その経費について考えてみました。

有価証券報告書によりますと株主は82258名います。

単元で割りますと

564029/82258=平均6.8単元になります。

もちろん大株主がいますので全員ではないと思いますが

といえ大半が5単元以上の優待狙いだと思います。

仮に100%近くとしますと

 

優待40000円*82258名=32.9億円 優待維持に使っています。

 

コロワイドの税引前利益は27億,22億ですので

 

それ以上の金額です。

「おい。yama。実際使うのは食料の値段で他の経費は手漉きのボランティアではないのか。」という考え方もしようと思えばできますのでしてみますと

最新の原価は43.4%ですので

32.9億円*43.4%=14.2億円使っています。

実際には100%ではないですのでもう少し安いとは思うのですが。。。

 

とはいえ、

売上2500億円

優待33.9億円

ということは優待で利用する人は2%未満です。

優待投資家がたくさんいると株の世界にいると思ってしまいますが、そうでないお客様も98%以上いるので成り立つのですね。

これからの成長が楽しみです!

■予約受付中■

  
   にほんブログ村 株ブログへ

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください