2018-01-15

「三菱商事(8058)はどの分野で儲けているの?」という問いに、明確に答えられる人って投資家の何パーセントなんだろうか?

昨日、双日について書いたのですが商社いえば一番大きい所をぼくは知らないのではないか。
勉強不足。。。。と思いまして商社で一番大きい「三菱商事」について調べてみました。

三菱商事の事業規模・事業内容


三菱商事の売上は今期7兆円〜8兆円ほどになりそうです。

ちなみにファーストリテイリングは売上2兆円ほどですので住友商事の規模の凄さがわかると思います。
ではどのような分野で儲けているのでしょうか。

上半期の資料を見てみますと

7分野にわかれていますね。

1位が金属で1/3くらいの利益なのは双日と同じですね。

現在の資源の好調なのが伝わります。

1位 金属事業

金属事業は鉄鋼・非鉄など様々取り扱っています。

これまたオーストラリア・南米など様々な国で取り組んでいますね。

 

2位 生活産業事業

生活産業事業は

ローソン

ポンタ

おむつ製造などをしています

説明を読んでも「幅広い分野!!!!凄い!!!」とか感想が出てきません。

3位 機械事業

機械事業というのは三菱自動車や

いすゞのトラックなどを世界に販売したり

船舶や宇宙などの取引も行っています。

。。。書いていて思ったのですが

セグメント別に書いたものの1つのセグメントが大きすぎてとにかく幅広く行っているというのがわかりました。^^;
あと、色々な企業をみていて「会社説明会がセグメント別で分かれている」という企業も三菱商事くらいだと思います。

三菱商事の配当推移について

三菱商事は2018.11.9現在

株価 3127円 配当125円ですので利回りが 4%ほどあります。

2007年からの推移を見てみると

2016年から大幅に配当が増えていることがわかります。配当性向も無理な金額ではないですし、会社として利益が出たらしっかり配当で還元していこうという表れですね。
これからも世界を股にかけた活躍楽しみにしています!

 

  facebook    にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください