Kabu Pony(Blog)

2017/04/23 決算の感想 モバイルファクトリー(3912) 1Q

位置ゲームのモバイルファクトリーが決算をだしました。

前にモバファクは規模が小さいので、小ヒットでも大きな利益に貢献と言うことを書いたのですが、今回もそのような決算になりました。

今期は4Qと比べたら売上はほぼ同じで増益です。
このままいきましたら営業利益8億円にいきそうです。

2月の季節要因というのは気になります。

■日数が少ない
■お正月や春休みの間なので旅行する人が少なくなる。

といったところでしょうか。

利益が上がっているのは『広告を少なくしたから』ということですね。(だから売上も伸びていないともいいます(^_^;))良い言い方をしたら既存ユーザーが飽きないで課金した。ともいいますね。

駅メモはセルランをみてみますと100位から200位をずっといったりきたりしています。

ここから売上や利益を伸ばすには、さらなるヒットが必要となると思うのですが、そのためには広告費などぎかさむ可能性がありリスクをとらないといけません。主力の駅メモは二周年なのでここからさらに伸びるというのもなかなか難しいのと思いますのでどのような舵取りで成長するのか見ものですね。

それにしてもこの順位でもしっかりマザーズ銘柄として申し訳分のない成績をだすというのはスマホゲームの裾野が広がってる証拠なのかもしれませんね。

    にほんブログ村 株ブログへ

2017-04-23 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

ソレイジア・ファーマ(4597)の新薬(SP-01,SP03)はお金を生むのか妄想してみました。


上場時にブログを書いてから
ソレイジア・ファーマの株価がものすごく上がっています。

4/23ですと時価総額約500億円ですね。

このような株は

1.株価が上がっているから買う
2.将来の業績に期待して買う。

の2パターンがメインかと思いますが当ブログでは株価の動きはまったくわからないので
(蛇足ですがTwitterなどで銘柄を煽る人はなぜ自信を持って煽れるのだろうか。と思っています。未来が見れるエスパーなのか。売り抜けのためなのか。。。。^^;)

1.の事は置いておきまして「将来の業績」について改めて調べてみます。(もちろんこれもどうなるかわからないが正解になってしまうのですが^^;)

ソレイジア・ファーマと他のバイオ・ベンチャーの一番の違いとしましては
たくさんのバイオベンチャーがなかなか販売まで行かないのに対してまして
ソレイジアのSP-01、SP-03ともに後は承認のみとなります。

ところで、ソレイジア・ファーマは新薬を研究というより
他社からライセンスを契約して販売しているのですね。
SP-01はStrakan International

SP-03はCamurusと締結しています。

つまり代理店契約みたいなものですね。
では、そのStrakan International,Camurusはどのようになっているのでしょうか。

SP-01

まず初めに書きますとStrakan Internationalについて調べてみますと乗っていません。

ProStrakan Groupの事で間違えないと思うのですが違っていたらごめんなさい(><)

ProStrakan Groupは協和発酵キリングループになっています。

そこで協和発酵キリンの資料をみてみましたらSP-01である「Sancuso」の売上が掲載されていました。


切り取ってみまと

2017年はSancusoで21.7百万ポンドの売上を見込んでいます。
日本円ですと29億円ほどになりますね。

欧米10カ国以上で29億円の薬が中国とアジアでどれだけ売れるのか(そして利益はどれくらいなのか。協和発酵キリンに支払うお金もあるので利益は薄いと思うのですが。。)

SP-03

はじめに。SP-01よりはよくわかりませんでした。すみません。

締結したcamurusはスウェーデンの会社です。

Camurus ABは、薬物中毒、疼痛、癌などの難しい病気に特化した製薬会社です。

専門もホームページありますね。

スウェーデンの株式市場にも上場しています。

https://markets.ft.com/data/equities/tearsheet/summary?s=CAMX:STO

売上は115百万ユーロほどになります。135億円になります。

ただ、売上が減少しているのが気になります。

利益は赤字に転落しています。

もちろんCamurusにとってepisilはほんの一部になりますので、これまた世界でこれだけのものが中国・日本での販売がどれくらいなのかと言われると。うーん。と思います。

しかし、バイオは「わからない」のが魅力なのかもしれません。

中国は人口がいっぱいいますのでまさかの結果でるのかもしれません。

今後の展開が気になりますね ^^

 



    にほんブログ村 株ブログへ

2017-04-23 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

GNIグループ(2160)の新株発行で調達した135億円について調べてみる。

株価が高いというのは資金調達しやすい。ということでもあるのですが
その効果がよくわからないとはてな?ともなるわけで
でもそれは経営陣は分かっていて凡人のぼくはわからないということもあります。

GNIが新株発行を発表しました

135億円の資金調達になります。

17.54%の希薄化です。

GNIグループの資本は45億円ですので

1000万円貯金がある人が3000万円新株でゲットといったところでしょうか。
わかりづらい例えですみません^^;

 

では、その135億円をどのように利用するのでしょうか。

一番はBAR社の買収に使っています。

今後はどうなるかは置いておきまして純利益6億円だしていますので60億円買収にかかっても仕方ないし、ここがチャンスとGNIも思ったことでしょう。

で、残りの70億円は研究費用になっています。
だいたい3年間の研究費になりますので一年あたり23億円になります。
ここで、ぼくは一つの謎が生まれます。

「この研究費をうまく使いこなせるのだろうか。」

ということです。

そのような事を書いたら研究員に失礼ではないか。と怒られてしまいそうですが^^;
なぜそう思ったかといいますと

2016年度の研究費が2.7億円
2015年度の研究費が3.7億円

だからです。
つまり今までの9倍以上の研究費を毎年使うのです。

それってうまく使えるのでしょうか。

ぼくがお小遣いが50000円として(そんなにあまりません。そんなこと聞いていないですね^^;)
突然「来月から50万円。」となった時に、うまく使う自信は全くありません。
多く残してしまうか、浪費してしまうのが目に見えています。

GNIグループの社員にはお金があってもお金を有益に使うノウハウがあるのだろうか。と思うのです。
その心配を払拭した素晴らしい研究結果になってほしいですね。

新株予約券の株価は直近の株価で決まりますが

最近の3倍以上の株価で決まるというのは

初めから上げる事を狙わないと難しいと思います。
突然モルガン呼び出して「明日新株発行するから135億円よろしくね♪」と言われても無理だと思いますし
この発行がないと、買収は無理だと思います。
しかし、180円の株価で発行したら株券で今以上にじゃぶじゃぶ溢れますので既存の株主の絶望はすごいものになります。
(と、書きながら今の株主も絶望している!!!!!!!と突っ込まれそう^^;)

権利とはいえ、そういう無理な調達ではなく行うにしても身の丈にあった調達ってできないのかな。
と書きながら思うのでありました。



    にほんブログ村 株ブログへ

2017-04-22 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

グリー(3632)にとって「アナザーエデン」は楽園になるのか!?


ゲームを作るというのは

「モバイル用に作る。」
「スマホ用に作る。」では言語が違うレベルで仕様が違っていて
だからこそ昔からの企業がなかなか転換できない歴史があるのかな。とも思います。

しかし、変わらなければ始まらないわけで
先週発売されたグリーの子会社のRPGゲーム「アナザーエデン」がセールスランキング上位にいきなり入りました。

今月に入り株価も好調です。

動画を見ても面白そうですね。

今回は昔のクロノ・トリガーのスタッフが結集ということでも話題になっています。

それにしてもクロノ・トリガーとは懐かしいです^^;ぼくがまだ学生時代の頃になりますね。(DSではなくてスーファミです。)

現在の無料ランキングも上位を維持していますので

ユーザーが増えるとさらにセールスランキングが上がる可能性もあります。
もしベスト5に常に入るものならそれだけで時価総額1500億円ほどの価値はあってもおかしくないような気もします。
(もちろんランキングが持続できなくて下落したら元もこともないのですが^^;)

しかし、いいことばかり書くといけませんので弱点も書きますと

グリーはモバイルゲームのGREEの収益が多かったわけですので今期も含めて毎年20%以上利益が落ちていますし

すでにGREEの時価総額は既に2000億円です。


アカツキの約3倍という巨大企業ですので順位がやや良いではあまり貢献しませんし、
貢献したとしても現在の利益減少より少なかったらがっかりという可能性もあります。

では、なぜアナザーエデンを作れたかを考えた時に申し訳ないのですが
「グリーには開発資金がたくさんあるから。」

ということもあると思います。

今回のアナザーエデンは製作陣のネーミングも売りにしています。
ということは、そのためにギャラが発生します。

グリーは800億円以上現金がありますのでなんでも開発できます。

 

ぼくは「お金がある業界にはいろんなものが産まれ、より業界が活性化する。」というのは強く思っていてそれがスマホゲームなのではないと思うのです。「お金をかけずに素晴らしいもの。」というのはいうのは簡単ですが「お金をかけて素晴らしいもの。」には負けます。

そういった意味でも今回のアナザーエデンがどのような楽園になるのか楽しみですね。

    にほんブログ村 株ブログへ

 

 

 

2017-04-21 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

アイケイ(2722)と化粧品。

男性からみたら女性ものの商品の価値とか相当わからないものがありまして今年ブログを書いていて女子力が足りないと毎回思います。
女子力が高いおじさんというのもどうかという話かもしれませんが。。。

生協や通販カタログ代行をしているアイケイの株価が絶好調です。

売上・利益とも半年ほど前から急激に伸びています。

なぜかなぁ。と思いみてみましたら「ネット通販」「海外ルート」がとても多く増えています。」

では、何を販売しているのかを調べてみましたら思い化粧品らしいです。

ダレノカノさん効果なのかもしれません。

化粧品というのは「ヤーマンの美顔器」なども人気ですし「日本」というのでブランドになっているのかもしれません。

その証拠ではないですが、先ほどのサイトを見て見ましたら、言語を選択というボタンがありまして「中国語・英語」が選択できました。

中国語は二つ選択肢ありますので、日本だけではなく中国でも本格的に販売していこう。という意思がみられますね。

「この売り上げの伸びはどこまで続くのだろうか?」という疑問は残るのですが(今回今までの売り方変えてるから結果が出ていると思うのでより細かく短信などで説明してほしいですね^^;)、日本だけで売っていくよりも世界で売っていかないと売り上げがどこも伸びていかないのかなぁ。と人口減少って思った以上に深刻。だからこその世界。改めて思うのでありました。

 
    にほんブログ村 株ブログへ

2017-04-19 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

1 2 3 4 5 131