Kabu Pony(Blog)

ショーケース・ティービー(3909)が投資したゲーム会社について調べてみました。

投資は難しいです。
いい結果がわかっているものは誰もが投資して割高になりますし
割安だからと言って投資してもだめな会社なだめなままです。

これは株でなくても非上場企業でも言えることで
ベンチャー企業に投資しても大半は上手く行かずに終わるようです。
しかし、当たった場合は大きいですので投資会社は投資して会社を育てる手助けをするのですね。

ショーケース・ティービーは位置ゲームを提供する「リアルワールドゲームス」に出資を発表しましたら

2日連続ストップ高になりました。

凄まじい株価の上げですね。

私は実はリアルワールドゲームス社のゲームを私はしたことがありません。
任天堂ならマリオ
ミクシイからモンスト とすぐイメージできるのですが
まだまだ勉強不足です。。。

ということでIRをしっかり読むことにしました。

会社の説明を読んでいますと

■位置ゲームに特化した企業。
■今年中に第一弾のゲームが発売されるとの事です。

なぜゲームを発売したことがないのに「日本で高品質なリアルワールドゲームを提供できる数少ない専業会社」と言えるのだろうか?

という謎が産まれますがその答えは次に書いてあります。

PWG社の経営陣はIngress、ポケモンGO!をやりこんでいるので位置ゲーの気持ちがわかるとのことです。

なるほど。確かに好きな人は自分が楽しめるゲームを作るのでいいゲームでできるという理論ですね。

でも、その理論だと

■水野晴郎さんは映画好きでなぜつくる映画は「シベリア超特急」なのか? とか
■古田敦也さんや、谷繁元信さんは球界を代表する名捕手だったのに監督をした時の結果は?

という「プレーヤー」と「制作指揮」は全く違うという事例が多々あります。

ということでホームページを見てみます。

http://realworldgames.co.jp/

社長などスタッフの紹介にはIngress、ポケモンGO!のレベルが書かれてありました。

加盟団体を見てみましたらブロックチェーン関連が多いですね。

あと、細かいですがお問い合わせはGoogleフォームで制作されています。
企業のお問い合わせフォームをgoogleにお願いというのはなかなか見かけない貴重な感じです。

 

あとインタビューをみてみましたら

地球の1/3周分歩きながら、5分の1のコストで「ポケモンGO」のようなリアルワールドゲームを作る

地球の1/3周分歩きながら、5分の1のコストで「ポケモンGO」のようなリアルワールドゲームを作る


と書いてありました。

で、色々書きましたが、ゲームがどうなるのかというのは結果を見ないとわかりませんのでなんとも言えません。
個人的にはどうしてもシベリア超特急が思い浮かぶのですがそればかりは結果が良い可能性も多々あります。

ただ、今回のIRで1つ気になるところがありまして文章を読んで

投資専業子会社Showcase Capitalが位置情報ゲームサービスを提供するリアルワールドゲームス株式会社へ出資


それは「出資比率」「出資金額」が一切書いてありません。
これが出資が0.5%とか1万円ならもちろんヒットしても無意味です。
その思うと不思議なIRだと感じてしまうのでした。

追伸
個人的にはショーケース・ティービーは本業がしっかりしているのだから
IR芸に見えてしまうような株価対策はしなくてもいいのに。。と思うのです。。
しかし、こう株価にいい結果が出ると必要なのかもしれません!?

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

 

2017-10-17 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

覆面調査の覆面調査員を調査する。 MS&Consulting(6555)

外食とかで自分のところの接客はしっかりしているのだろうか。

とオーナーが思ってもオーナーの前ではしっかりしたり、そうでない時ダラッとしたり調べるのにも限界があります。

そういった時に「覆面調査」というのが役立つのかもしれません。

 

 

MS&Consultingは主に覆面調査を行っています。

メディアフラッグに似たようなビジネスですね。

ただ、メディアフラッグと違うところといいますと得意ジャンルが違う所といいますと

 

「外食・小売の覆面調査が強い」ところだと思います。

現在ライバル企業がどのくらいシェアがあるのか調べてみないとわかりませんが、MSのシェアは10%くらいですので成長余地がねあるかもしれません。

さて、従業数は127名ですが

調査員は43万人います。

その人たちはどこからやってくるのでしょうか。

募集ホームページをみてみました

https://www.ms-r.com/

 

このホームページから申込OKみたいです。

覆面調査は「採用」という感じではなく「当選」になるのですね。

これは「タダで料理が食べれます。おめでとう!」ということで当選なのでしょうか。

仕事とはちょっと違いますね。

違うところは「謝礼は現金ではなくポイント」というところも違います。

ポイントは商品になったりマイルになったり別のポイントになったりと思った以上に

調査員は仕事というより「お得なお小遣い感覚」でしているのかもしれませんね。

 

あと、去年は 1Q・・・低い 4Q・・・高い ということですので3Qくらいの進捗率がでた時に面白い状態になっていたらいいかと思います。

といいつつそれまで覚えていない自信はぼくにはあります(><)

 

ということで、一回お願いすると継続してお願いしそうなビジネスモデルだと思うので

これからも安定成長すると思うのですが

いかんせん今回の上場で大株主発行分全部売り抜けていますのでちょっと売出金額が規模の割には大きく

業績が悪くなくても受給が安定までは時間がかかるのかな。とも思うのです。

 

追伸 覆面調査は抜き打ちだったら解るのですが、何回か覆面調査をしていると違う人でも「この人怪しい。。」って店員も気がつくのでは。。。

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-10-09 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

202,300人の精神障害者。 と、その就業について。 (ウェルビー(6556))

「働ける場所」があるという事は本当にありがたいことだと思います。

日本というのは努力とか頑張りによってある程度は希望が持てる国だと思うので(チャンスは平等。結果は違う。)
そんな当たり前を大切に噛み締めていたものです。

しかし、それは健康だからこそで、障害を持たれてしまっている方にしまっている方にとりましてはまだまだ大変な世の中だと思うのです。

 

ウェルビーは主に障害者に対しての就業支援を行っています。

業種としましては去年上場した、LITALICO(6187)に近いですね。

昨年度ですと471名就職支援してまいので、だいたい1拠点で年間9名ほどになります。

拠点増加とともに

売上も利益も激増しています。

 

ところで、資料を見てびっくりしましたりのですが日本には20歳から65歳までで20万2000人の精神障害者がいるということを始めて知りました。

軽度の方、そうでない方いらっしゃると思いますが思った以上に多い気がします。

それでいて精神障害者が働ける場所というのは除々には増えているのですが

棒グラフをみる限り30000人もいないのではないかと思います。全体の20%未満です。

もちろん働くのが難しい方もいらっしゃるので、限界はどこなのかはわからないところではありますがまだまだ働ける場所を社会全体で創っていけるような世の中になって欲しいです。

 

それにしても創業から五年で上場とはすごい速さです。

創業者の太田社長は

テラ(2191)の管理職についていました。

株主総会の通知書にも掲載されています。

テラといえばがん免疫療法のバイオベンチャーです。

テラとウェルビーの業務は近いところがあまりありません。
そのような中創業に至った経緯というのはものすごく興味が出てくるのでありました。

追伸

ウェルビーと言えば実家の近くにあるカプセルホテルを思い出してしまいます。(もちろん別の企業です。)

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-10-07 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

有事になったら石川製作所(6208)はどうなるのか考えてみました。

平和が一番です。
これからも平和が続いてほしいと心から願うものです。
しかし、願ってまさかの事を考えないというのは、

「ずっと働けるから貯金しなくても大丈夫。」

「」

と同じくらい後先を考えていないのではないかとも思います。

ただ株の世界は後先を考えすぎたり前のめりになったり、悪ノリする所でもあったりするのですが。。^^;

 

石川製作所が有事銘柄のという事が株価が急上昇します。

では、石川製作所はどのような事業をしているのでしょうか。

ホームページをみてみましたら

あまり軍事の事は書いていません。

ダンボール印刷機製造しています。

あれ。防衛関係ないのかな?と思ったのですが

有価証券報告書には半分以上は「防衛機器」と書いてあります。

裏メニューですね。

防衛省が購入していますので正真正銘の防衛関連銘柄です。

では、何を作っているのか?というのを調べてみましたら

「91機雷」などを販売しています。

確かに相手から守れそうな感じがしますね。

そんな石川製作所ですが関東航空を買収しています。

内容を見てみましたら航空自衛隊のためにフライトレコーダーなどを販売しています。

ホームページをみてみましたら

車両用の車は戦車ですし

飛行機も戦闘機ですね。

で、ここから思うのですが

万が一有事になってしまった時に

■機雷ってそんなに使うのだろうか?

という謎が浮かびます。

攻められる時は海より空から攻めてくるのではないか。

と思うのです。

それでもし海から攻められる場合には

■石川製作所に機雷の生産体制の増強ってできるのだろうか? とも思います。

それでいて自衛隊の飛行機をたくさん使う事があるとすれば

それこそ「自衛」ではなく「攻撃」になってしまいますので今の法律の下そんなことできるわけがありません。

ただ、売上は年々減少していますが

先程の買収で増収増益にはなると思いますが。。。利益に関しては関東航空の方がいいのでプラスですね。

なんて事をのんびり書ける株式投資のバブル戦争はいいのですが

本当の戦争は本当に嫌だ。と思うのでありました。^^;

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-10-07 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

住石ホールディングス(1514)とオーストラリアの炭鉱。そしてその親会社。

配当金だけで生活できてご高齢の方とお話ししたことがむかしありまして

その時に「なぜ数パーセントの配当金で生活できるのか?」と考えた事があります。

しかし、よくよく考えたら安値で株を買う→増収増益増配を繰り返す。 と配当は買値に対して数十%という場合もあるわけですね。

 

石炭の輸入業などを行ってます住石ホールディングスは

保有しているオーストラリアの炭鉱株の配当金が想定以上ということで

株価が大幅に上昇しています。

確かに石炭の価格が去年後半から上がってますので業種も復調しているのかもしれません。

 

実はオーストラリアの炭鉱の配当金は5ヶ月前にももらってまして

受取配当金に計上されてますね。

で、今回は11.2億ほどもらえますので

1Qの配当金をあわせますと19億円ほどになります。去年は3.7億円ほどなので5倍以上の配当金になります。住石ホールディングスの規模から考えたら結構大きな金額ですね。

ここでふと疑問が浮かびます。

◆いきなり配当金5倍って異常ではないか?

◆なぜ12月決算から6月決算に変更したのか?

ということです。

どちらも確実にこれだよ。というのはわかりませんが調べてみました。

有価証券報告書をみてみますと

◆ワンボ炭鉱の親会社のピーポディは2016年に民事再生法適用で最上場を目指している。

と書かれています。

では、ピーポディはどうなったかみてみますとYahoo!ファイナンスをみてみましたら今年4月に最上場しています。

ということは

今期は

業績好調+最上場を果たしたので去年と比べて高配当ということですね。

ホームページをみてみましたら

NEWが強調されています。

そこにオーストラリアの炭鉱の画像があるのですが炭鉱以外なにもないように思えます。

石炭は言うまでもなく価格に左右されますので、これからも色んな山があるかと思いますが、クリーンエネルギーを訴えても人口が増えて経済が発達するのなら石炭はこれからも需要が増していくと思いますので、これからも生活の支えになってほしいですね!

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-10-06 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

1 2 3 4 5 149