Kabu Pony(Blog)

2017/09/19 修正の感想 オープンハウス (3288)

戸建販売を展開しているオープンハウスが上方修正しました。

修正理由は

■業績堅調
■税金が思ったより安かった。

と書いてあります。

 

次の決算(4Q)を計算しますと

売上 3000億円-2114億円=886億円
経常    350億円-242億円=108億円

売上も利益も大幅に伸びていますね。

4Qの前年同期比をみてみましたら

■売上 886/667=1.32(32%)
■経常 108/73=1.47(47%)

となりますので
正直これをみたら3Qまでは下方かな?と思うレベルだったのが4Qでしっかり持ち直したと言えますね。

やはりメインの戸建てが堅調ですね。

さて、来期ですが9月決算なので11月中旬になりましたら予想が発表されるのですが妄想してみますと

棚卸資産が増え続けていまして

2016.9 1Qと2017.9 1Qを比べますと

1212/1021=18%となります。

で、今期売上が20%などで棚卸資産と売上の推移は近いような気がします。

そこで3Qで比べると

1379/1132=1.21(21%)増になります。

となると来期も20%ほど伸びそうですが、

それですと4Qは売上がしっかりしていますので4Qに資産をしっかり仕入れる必要があります。

 

狭くても「一戸建て」というのは魅力的なものだと思います。

「低金利」が続くうちはまだまだ続くのかな?とも思うのですが「買いたい人」が一巡したらどうなるのか。

というのもちょっと気になるのでありました。^^

 

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-09-19 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

イリソ電子工業(6908)の車載用コネクター。

 

この前「富士通コンポーネント」を書いた時にリレーやコネクタの需要が思った以上に高まっているような気がしました。

これから車も自動運転がより普及すると思います。

そのためにはAIを駆使ししなけれればいけませんし

その時には今まで以上のメモリとかハードディスク?とかCPU?とかが必要になるのかもしれません。

(詳しくはよくわかっていない人が書いています。^^:)

だからこそ車載用半導体が必要になっていきまして

その関連部品も必要になっていくのかもしれません。

イリソ電子工業は「車載用コネクタ」を主に製造しています。

 

コネクターにもいろいろな種類があります。

1つの種類でも

 

800件以上とか

1100件以上など凄まじい種類を作っています。

そんなイリソ業績ですが始めて3か月で100億円突破しています。

84%が車載用で12%ほど伸びています。

 

ここ一年着実に伸びていますね。

売上別でみてみますと日本の割合は20%ほどで全体的に伸びていますね。

ということはこれからも伸びるのかな?と思うのですが

「世界的に売れるのなら世界的ライバル企業っていないのかな?」とも思います。

それは後にわかるのかもしれません。

 

ただ「コネクタ」を見る時にここまで大きなビジネスになっているということを一切考えずに見ていたので

こういった事を調べて気付くだけでも株に興味もってよかったな。とぼんやりと思うのでありました。

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

 

 

 

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-09-19 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

明豊エンタープライズ (8927)とスペインの観光地ミハス。

今年に入って投資用アパート・マンションの人気が落ちることはありません。
かなりの低利回りなのですが国債はもっと低利回りですし

「東京などの都心はは価値は下がらないですよ。」というセールストークも使えそうです。
(それが本当かどうかはわかりませんが。)

個人的には「それだったら新築アパートよりも換金用にもなるし良い不動産を保有しているリートを買ったほうがまだ良いのでは。年初より値下がりもしているし。。。」と思うのですが、リートだと自分の保有物というイメージがわかないという人も多いかと思います。。

それに「自分だけの所有物がおしゃれな物件」だったら気分が上がる人もいるのかもしれません。
(投資にはおしゃれより運用結果が大事だとは思うのですが。。。)

 

投資用マンションを販売している明豊エンタープライズは

今期業績見込みが大幅に売上も利益も上がっていまして

株価も反応しています。

確かに販売用不動産が仕掛品も含めて大幅に増えていますね。

さて、なぜこんなに増えるのかと見てみますと

「ミハス」シリーズが前期15棟だったのに対して

今期は25棟を予定しています。

これですと確かに増えますね。

 

ところで「ミハス」とはどこかと言いますとスペインの観光地です。

白い町並みでとても綺麗です。

名物は「ロバタクシー」とのことです。

乗ってみたいですね。

ロバは置いておきまして

どんなアパートかといいますミハスっぽく白を貴重にした建物になっていまして

内容は

 

ワンルームアパートになっています。

「あれ。半年前のアパートが早速賃貸情報に載るということはオーナーさんかなりやばいことになっているのでは。」

と思うのですが販売後の責任は当然オーナーさんにあるわけで明豊エンタープライズの業績とは関係のない話です。

ただ、そろそろと天井?と思っても売上が伸び続ける投資用アパートを見るたびに「好調続いて凄い。」という事と

「銀行はどんな気持ちでお金を貸しているのかな?」とちょっとだけ思うのでありました。

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

 

 

 

 

2017-09-17 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

ウォンテッドリー(3991)の「やりたい事」を仕事にするということ。

「はたらく」やりたい事をぼくは仕事にしているのだろうか。と問われたら

「はい!」と素直に右手を上げる自信が今のところありません。

しかし、「だったら明日仕事辞めてやりたいことをするのか?」と言われたら

今の職場の環境には満足してますので

「はい!」と素右手を上げることありません。

そんな転職ゼロのぼくなのですが今の時代「環境」よりも「やりたい事」を優先して仕事を選ぶ人が増えているみたいで

ミレニアル世代でも管理職世代でもない、ぼくとしてはだんだん古い人間になるのかなあとぼんやり思います。

Wantedlyは「やりたい事」を第一優先にした転職支援を行っています。

 

■チャットや話を聞いたりとか「やりたい事」を探しやすいようにしているのがわかりますね。

さて、調べれば調べるほど思うことがありまして

Wantedly「アトラエ」みたいに機械が転職支援とかではなく、切り口を変えて転職活動をしているという認識なのですが

それでしたら

Wantedlyの今後の業績はWantedlyの力よりも転職市場によって左右されるのでは。

と思うのです。

来期予定は12億→16億円 と30%ほどの伸びになります。

そこで転職大手のエン・ジャパンの売上を見てみましたら

今期 317億→384億

と規模が大きいながらも20%も成長しています。

という事はまず言えることは「転職市場は超好景気」といえます。

この間は大丈夫だと思うのですが、永遠には続きません。

そうなった時に影響が出やすいのは大企業よりも小さな企業の方が影響します。

 

それで一つ疑問に思うのは今はいいとして、万が一不景気になった時に

「やりたい事」を優先して転職しよう!と思う人って少なくなるのではないか。と思うのです。

その時は今よりも求人が少なくなるはずですので、まずは生活のため働こう。となるかと思うのです。

その時が来るまでにWanyedlyは別の切り口も作った方が良い気がしました。

もちろん今みたいに景気が良いのが続くのがベストですよ。

 

あと、ログインしてふと思ったのですが「やりたい事を仕事にする」には「そのため能力を磨くこと」は最低限必要という事に気がつきました。

「やりたいです。これはできません。教えてください。」というのでは新人以外なら企業も困ってしまいますね。

今後の展開楽しみにしています!

 

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-09-14 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

2017/9/14 決算の感想 エニグモ (3665) 2Q

BUYMAを運営するエニグモの決算です。

下方修正が一緒に出てしまい9/14にストップ安になってしまいました。

内容を見てみますと

■ 「ロケットベンチャー」の減損

■ エニグモコリアの減損

■売上不振 と書いてあります。

「ロケットベンチャーってなんの会社だろうか。」と思い調べて見したら

キュレーションメディアでした。

DeNAの事件以降キュレーションメディアというのは完全に下火になっているような気がしますね。

で、一番大事なBUYMA事業なのですが

この式の結果というのは

 

「幽霊会員が増えている。」ということになります。

■商品に魅力がない。

というよりも

■エニグモの購買層には一定数しかいないのである程度は行き届いたのでは?

と推測します。

BUYMAの購買層ってざっくり言うと

「日本のブランド品では満足できない外国ブランド品好き」となります。

しかし、冷静に考えると

「ブランドに興味ない」人もたくさんいますし

「日本のデパートで売っているブランド品で満足」という人もたくさんいます。

そう考えたら新たな商材考えていかないと成長が止まってしまうように思います。

 

前年同期比6.5%というのは「成長株」とは正直言えないと思うので

挽回策楽しみにしています!!

 

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-09-14 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 146