Kabu Pony(Blog)

富士通コンポーネント(6719)とリレー


大企業ですと売上も大きい所が多く利益が大幅に伸びにくいのでは。といった先入観を持つと調べる気力を失い調べない。ということをよくやってしまいます。

しかし、経済活動を行っている以上どの企業にも大幅に利益が上昇する可能性があるものです。

富士通コンポーネントは文字通り
富士通の子会社で

株主の紹介も富士通の一般株主という独特な書き方をしています。

事業としましてはリレー、コネクタ、モジュールなどの電子機器を多数販売しています。

お客様としては富士通エレクトロニクスが大きいとはいえ20%などで富士通以外のお客様も多そうですね。

その富士通コンポーネントの業績がうなぎ登りで株価もうなぎ登りになっています。毎年4Qにかけて利益が上がるので1Qで良いとこれからも期待ができそうです。

先日1Qででた上方修正をみてみましたら

◆計画が上回る

としか書いていません。

これではよくわかりませんので短信をみてみましたら

◆リレー、タッチパネルが好調

と書いてあります。

リレーとは電気のon/offにはかかせない電子機器で

電気をつなぐからリレーということです。

またディスプレイはタッチパネル用がメインとなります。

受注残高も前年同期比で11925→16332と大幅に伸びています。

ただ、受注はそこまで大きく変わってはいませんのでこの受注残がずっと続くと手放しでは考えないほうがいいともいえます。

IoT社会と言う言葉は聞きますが、より深まっていくと当然の事ながら電子機器がいろいろと使われてビジネスチャンスが産まれる。ということになりますね。

IoTがさらに進化した時、富士通コンポーネントが他社との競争で勝つのであればさらに業績が伸びそうです。

そんな未来は今では想像つかないものになるのかもしれませんね。10年前は今みたいにスマホがみんな持ってないみたいなことが10年後おこるのかもしれません!?

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ
&n
bsp;

2017-09-10 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

ヒーハイスト精工(6433)とベアリングとバイクレース

■有機EL
■ネット広告

など業界が大きくなる所はある程度増収になっても「なるほど。」と理解しやすいのですが
そうでない所が大きな増収になると「なんで???」と思ってしまうことがあります。
会社が努力した結果だと思うのになんと失礼な自分ですね。
反省します。

ヒーハイスト精工は「小型軸受」をメインに製造しています。

標準タイプに「3mm-60mm」まで幅広くと書いてありますが

3mmって物凄く小さいですね。

また「位置決め」のための「位置決めステージ」も販売しています。

THKが上顧客になっています。

THKは直動システム大手でヒーハイスト精工の部品を使用しているわけですね。

そんなヒーハイスト精工が前年比で売上1.68倍、経常で5.4倍利益をたたきだして

株価があっという間に3倍弱になりました。

売上で見てみますと今年から大幅に売上が伸びていますね。

9/3現在見た目のPERは43ですが

もし1Qの利益が4Qまで続いたら

PER 38/4.04=9.4

と意味が全く違ってきます。
本当に続くのかわからないのですが^^;

去年の4Q終了時の受注残が2倍あったので1Qだけ一気に上がった可能性もあります。
しかし、続く可能性もあります^^;

説明を読んでみましたら

全ての品目で約1億円ずつ増えていて特別これがというのがなさそうです。

ただ精密部品で「レース用の需要が発生」というのは気になります。
今までも創っていたものが

突然受注が増えたというのは何があったのだろうか。と思います。
もう一つのお客さん「ホンダ」がレースに力を入れているのかもしれません。

と、書きながら結局ぼんやりとしか書けなかったのですが、これがぼんやりではなくはっきり理由を書ける人というのは本当の投資家なのかなあ。と思うのでありました。
まずは2Q以降の決算が楽しみですね!

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-09-03 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

プラスチック!!!! (プラマテルズ(2714))

暑いとクーラーをいれます。
しかし、むかしクーラーと言えば誰もが買えるものではなかったのですが
経済成長とともに必需品にかわりました。
この当たり前の事を改めて感謝しないといけませんね。

クーラーを作りには様々な素材が必要になります。
表面は軽く硬いプラスチックなどを使います。

という話です。
強引な前フリですみません。

プラマテルズはプラスチックを製造販売しています。

双日が大株主になります。

プラスチックは19世紀にフランスにてできたんですね。

そんなプラマテルズの株価が大幅に上昇しています。

決算を見てみますと、たしかに去年と比べて利益を出していますね。

説明文を読んでみましたら・・・よくわかりませんでした。

資料を見てみますと

国内も好調ですが海外がさらに好調というのがわかりますね。

香港や中国への売上が大きいですね。

何が伸びているかといいますと、エアコン・冷蔵庫が伸びています。

これは「国で販売する」というより「世界で売る」ためのものかもしれませんね。

 

商品も3か月前と比べて伸びていますのでまだまだ好調は続くのかもしれません。

 

でも「なぜ今年から業績が好調に?」と思ったのですが

よくわかりませんでした。

プラスチックなみに軽い脳みその自分で申し訳ないのですが

プラスチックの需要が伸びていることが世界の景気の好調を表しているのかもしれませんね。
■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-09-03 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

YouTuber上場 (UMMM 3990)


こどもたちのなりたい職業上位にランキングしているYouTuberですが

ぼくはどう考えてもYouTuberに対して夢を持てないのです。
といいますのもYouTuberを職業にするというのは本当に大変すぎると思うのです。

運良く人気がでてもネタがきれたら大変です。新機軸を考えて面白い!と思ったとしてもファンはむかしからの姿を望んでいますのでそんな事をしたらファンが離れる可能性があります。
そうなると昔からのスタイルを踏襲したものになると思うのですがそれをYouTuber本人は楽しいと思うのかという疑問がでてきます。(YouTuberではないですがその点でT.M.Revolutionさんは本当に凄いと思っています。)

しかし、それはただの嫉妬なのかもしれません。
人気YouTuberはコネとか一切なく実力で勝ち取った人たちです。

「YouTuberで生きていく!」なんて言うならば親も友達も全力で止めます。それも今人気あるからはいまよりYouTuberの認知度が低いはずですのでなおさらです。そんな中「自分はやるんだ!」と決意して孤独との戦いに勝ち、財をなすわけですから、ぼくにはどう考えてもできません。本当に凄いです。(そう思ったらそれに対する対価が安い気もするですが。)

UMMMは人気YouTuberのマネジメント会社です。

YouTuber版のアミューズですね。
手数料20%で色々なサポートを行ってくれます。

一人だと大変ですので本当に心強いですね!

動画広告市場はこれからも伸びるのは間違えありませんので期待ができるビジネスモデルだと思います。

ただ、動画広告はこれからも伸びる自信があり、UMMMもそれに伴って伸びていくとは思うのですがどうしても直ぐにということではないのですが気になる事があります。

それは

YouTuberの人気の寿命は長いのか?

と言うことです。

よくわからないのでgoogleトレンドをみてみましたら

HIKAKINさんは人気が持続している気がしますが

はじめしゃちょーさんは少しだけ陰りがあるようにグラフからは感じます。

アーティストもアイドルも10年人気が持つ人はごくわずかで大概はピークから人気が減ります。安定するともいいますが。

YouTuberの世界もこのような事がないか心配なのですね。

HIKAKINさんは現在28歳ですが
10年後には38歳です。
同じ事をしても
「おにいさんがしている」と
「おじさんがしている」では意味が違ってきます。

25歳(リリース時)と37歳では「ETERNAL BLAZE」では伝り方が違うのと同じです。(水樹奈々さんゴメンナサイ(..;))

で、新しいYouTuberが入れば問題ないのですが
このビジネスモデルってそんなに障壁が高くないように感じます。YouTuberのための事務所が1つだけの理由は何もありません。二匹目どじょう狙ってもおかしくありません。

それこそアミューズが「手数料15%で契約しませんか?海外展開もしますよ!」

なんて言えばはUMMMに所属しない人が多くなる可能性もあります。

もちろん現状はUMMMは絶対優位ですよ。それは間違えありません!

いろいろ書きましたが2017年だからこそ上場できた会社というのは間違えありません。このような企業をしっかり上場できるというのも東証の素晴らしさだと思います。なので今後の展開を期待しています!
■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

 

2017-08-30 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

電気自動車と高知県のセパレータ(ニッポン高度紙工業(3891))

電気自動車関連が業績がとてもいいですね。

■これからも伸びる可能性大
■株価も絶好調

なので株を買わない人の方がどうかしているのかもしれません。←ってこのような煽り文句は絶縁して自分で考えて売買したいものですね。

(もちろんmyブログルール→持ち株についてブログは書かない。がありますのでこの銘柄も買っていないですよ。)

ニッポン高度紙工業はセパレータを販売しています。

様々な用途に使われています。

セパレータとは電子材料の絶縁紙の事ですね。

さて1Qの決算がかなり良く

株価も上がっているのですが

理由をみてみましたら「車載用、スマートフォン用」の需要増と書いています。前年比24%ですからかなりの金額です。今年になって伸びた業界を考えるとどうしても「電気自動車」を連想してしまいます。

となりますとこれからも業績は良さそうですね。

高度紙のセパレータは日本でも海外でかなりのシェアを獲得しています。

 

ただ、これからも伸びようなセパレータ事業はなぜ大手が進出しないのだろうか?なぜ高度紙が独占なのかという謎がでます。

セパレータ事業は大手にとっては小さい事業なので今のところ進出していない。ということでしたらいいのですが。。

日本高度紙は高知県の企業です。
セパレータがないと世界が止まりますので
ニッチながら世界を牛耳れるというのは
本当に凄いと思うのでありました。

追伸 電気自動車関連が伸びたら、普通自動車関連で困るところが出てきてもいいのではと思うのですがまだそうなってないということは電気自動車はまだまだ規模として小さいということですね。でも業績は一変するのですから「自動車業界」の規模の大きさに改めてびっくりするのでありました。
■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-08-30 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 7 146