Kabu Pony(Blog)

貨物とトラックのマッチング。(トランコム 9058)

 

とても恥ずかしいことなのですが株を知らない時は物流は

「ヤマト」「郵便局」「佐川」「日通」くらいしか会社がないと思っていたのです。

しかし当然ながらそんなわけもなくたくさんの会社があり、たくさんの会社が上場しています。

そうなりますと全体が良くても「調子いい会社」「そうでない会社」がでてきますね。

しかし、この時勢トラックを使わないのはもったいない話です。

トランコムは総合物流企業です。

物を運ぶのは当然として

3PLも行っており

生産請負も一緒に行っています。

鴻池運輸・丸和機関など「運ぶ」から「作って運ぶ」に変わってきていますね。

ユニ・チャームが上顧客になっています。

そんなトランコムの成長エンジンになっていますのが

「マッチング事業」です。

1Qでも前年比10%以上伸びていますね。(他事業はほぼ横ばいです。)

マッチングは「とらなびネット」で行われています。

運んでくれるトラックと

積む荷物のマッチングです。

一日に4800件ほどマッチングを行っていて

成約件数も8年で2倍です。

「8年で2倍」を堅実に成長。と取るかもっと成長できるのでは。と、とるかは人それぞれです。

 

今、午後11時すぎはトラックの運転手にとって稼ぎ時かと思います。

ほんとうに頭が下がる思いですね。

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

 

 

 

2017-08-29 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

エレベーターの保守の自信と伸びしろ (ジャパンエレベーターサービスホールディングス 6544)

最近書きかけのものが溜まってきたので仕上げていきます。。。^^;

エレベーターに乗る機会は多々あるのですが
エレベーターが乗っている間で故障してロープが切れる。
という経験はしたことがありません。
それですしニュースで聞いたこともありません。

何十年も重い人間を乗せて動かしていたら
磨耗して危なくなってもおかしくないのではと思うのですが、
そうならないのは定期点検のおかげだと思います。

ジャパンエレベーターサービスホールディングスはエレベーターの保守を仕事にしています。

あれ?三菱エレベーターは三菱系が保守とかするはずで需要ってあるのかな?

と思ったら独立系は半分需要があるわけですね。

一人あたり 38800/606=64台を管理している計算になりますね。

さて、先日上方修正が出ました。

内容を見てみますと

■利益面でコスト削減成功と書いてあります。

これだけなら普通ですが

この上方修正が1Qと同時にでたものなのでびっくりしました。

あと、9ヶ月あるのに上方だすというのは自信のあらわれだと思います。

株価もしっかり反応していますね。

とはいえ業績が悪くなるとは思っていないのですが、

上げていくというのは

「他社から契約を変えてもらう。」

「新しいエレベーターの時に契約してもらう。」がほとんどだと思うので

(点検のないエレベーターはないですよね。)

そこまで他社と比べての優位性ってあるのかなぁ。とも思います。

これからの上げ下げにも注目ですね!

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-08-29 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

鳥貴族(3193)の280円→298円の値上げを考える。

「デフレ」というのは物の値段が下がることなのですが

何も考えていないときはそれでもいいかもと思ったのですが

冷静に考えたら、あまり良くない気もします。

「デフレ」によって

■経済活動が縮小する

■売上が減るとお給料も上がらなくなる。

といいとこなしです。短期的に儲かっても全体として良くありません。

ぼったくりは論外ですが適正な価格で適正なお給料というのが良い経済だと思います。

 

そんな事を持っている人の文章と思って読んで下さいね。

鳥貴族が値上げを発表しました。

理由としては

■人件費高騰

■仕入価格高騰

を上げています。

そんなに上がったのかなぁ。2Qの資料を見てみますと

2016年2Q

2017年2Q

確かに

去年は 売上高と販管費の伸びは同じですが

今期は売上高よりも販管費の方が伸びていますね。

 

詳細にみてみますと「2Qは最悪で3Qは少し戻った」といったところでしょうか。

なぜと思って2Qの資料を見てみました「タッチパネル本格導入」で回復したわけですね。

とはいえ、売上の伸びから比べると利益の伸びは厳しいものがあり、企業としてもかなり苦しかったでしょう。

「利益出るからいいではないか。」というのは簡単ですが「利益率が普通にお客が入って悪くなる。」というのは考えただけで恐ろしいですね。

とはいうことで

280円→298円という事は
298/280=1.064 と6.4%の値上げです。
これで人件費等が少し上がったとしても利益をしっかりだせると思います。

とは言え、最近は既存店売上高の前年割れが二ヶ月づいていますので

値上げによって

■客数が減る。

とか、値上げ以前に

■鳥貴族に飽きた。

という人がいてもおかしくありませんね。

 

鳥貴族は有価証券報告書によりますと

社員は大幅に増えたけど平均給与は20万円もあがっています。

多分今年も上がるでしょう。

しかし、外食産業というのは夜遅くまで働く大変な仕事にも関わらず全体的にお給料は安い部類です。

他の銘柄と比べたら鳥貴族は悪くない部類だと思います。

でも「鳥貴族従業員は貴族。」とはいえないお給料です。

 

本当の貴族はTBSホールディングスとか

フジ・メディアホールディングスなど

・・・ってその話はいいですね^^;

(一応補足しますがどちらもホールディングス(持株会社)の従業員なので「会社のトップレベルがこれくらい。」という意味だと思います。。。。そう考えてもやっぱり貴族。。。)

 

話を戻しますと、これくらいの値上げなら容認されてほしいなぁ。と個人的には思うのでありました。

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

 

2017-08-28 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

カーテン屋さんの遺伝子検査事業 (五洋インテックス(7519))

時価総額の極めて低い銘柄は→こっそりお金持ちが買い占め→材料でる→吹き上がる→チャートで買う人がでてくる→お祭り(バブル)というのは多々あります。

こうなると理論とか通用しないですね。
だからこそ株は面白い事でもあるし
怖いところでもあります。

五洋インテックスはカーテンを販売しています。

発売しているカーテンをみてみましたら

どれも高級カーテンにみえますね。


ヨーロッパのお城にあるカーテンみたいです。

そのような五洋インテックスは
3ヶ月で株が6倍以上になっています。

しかし、赤字が続いていて今期もそんなに良くありません

では、上がり始めた5月に何が起きたのかみてみましたら「新規事業のお知らせ」がありました。

一つは

■遺伝子検査事業

RNA検査の説明

https://k101clinic.com/gene/check.html

 

もう一つが遺伝子検査の事務代行検査になっています。

 

二年後には一億円以上の利益が予定されているのですが

「なぜカーテン屋が遺伝子検査を始めようと思ったのか?」

「遺伝子検査が簡単に儲かるのであれば他の企業も異業種参戦してこないのか?」

という疑問がどうしてものこります。

社長のあいさつで「30年間カーテン一筋」と書いていますが、その前提がひっくりかえることになりますね。

うーん。と考えても株価的には今のところ大成功です。

今後事業も大成功ですと大脇社長は神経営となります。

しかし、凡人のぼくはさっぱり経緯も勝算もよくわかりませんでした。(だからこそ凡人なのかもしれませんね。)

今後の展開が楽しみですね!

■Kabu Berry Lab中止に伴い企画変更■
■参加無料。予約受付中■

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-08-25 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

Nintendo switchのスイッチ(ホシデン 6804)

「製品」というのは様々な部品からできてそれらよって様々な企業の経済活動が活発になります。

トヨタ車が売れたらトヨタだけ儲かるということはありません。
それは車に限ったことではありませんね。

 

ホシデンはコネクタやスイッチなどの部品を販売しています。

コネクタでもたくさんの種類がありますね。

スイッチもいろいろあります。

さて、株価も好調で

最近上方修正も伸びているのですが

その理由が「ホシデンはNintendo Switchの部品を提供・組立をしている」ということらしいのです。

switchは言うまでもなく大人気です。

理由を読んでみましたら「アミューズメント関連向けが好調」と書いてありました。

「switch」とは一切書いていませんでしたが

 

■有価証券報告書によりますと任天堂は上顧客です。

それでいて今年に入り売上が急拡大しています。

まとめると

■今年に入り売上が伸びる。
■任天堂の仕事で今年から急拡大
といえばswitchとかないではないか。

ということになりますね。

これからの関心は「これからの売上はどうなる。」ということになると思うのですが

「ゲーム機は発売前に最大限作りロケットスタートを狙う」のではと思えば、

この以上売上が伸びるのは難しいのではないかと思うのですが、

2009年は今期予想以上の売上をしっかりと上げていますのでまだ余力はあるのだろうか。とも思います。

それもswitchの好調というのが前提条件になります。
今後が楽しみですね!

■Kabu Berry Lab中止に伴い企画変更■
■参加無料。予約受付中■

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

2017-08-24 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 146