Kabu Pony(Blog)

ドリコム(3793)とバンナムによるドラゴンボール、アイマスの新しいゲームについて気になること。

現在スマホゲームは10000円課金しますと、無条件で3000円ほどAppleやGoogleが儲かる仕組みになっています。
関所は最強ですね。
関所を作ってうまくいきましたら無条件でお金がちゃりんちゃりん落ちてきます。

そこで「だったら関所を自分でつくったらその部分も儲かるのではないか?」

と考える人は少なくないと思うのですが、関所が大きくなった場合は
なかなか他の関所でビジネスするのは難しいものです。だからあまりしないのですね。

そう思っていましたら、バンダイナムコとドリコムが新しいプラットフォームでゲームを来年からすることになりました。

HTML5を使ってとか書いてますが要は「関所になりたい」ということでいいでしょう。

今回は

■ドラゴンボールZ
■アイドルマスター
■ファミスタ

の3タイトルを来年発表を予定しています。

特に「ドラゴンボール」「アイドルマスター」は
「ドッカンバトル」「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」のランキングをみていたら言うまでもなく
コンテンツにファンがいますので新作が出ましたら大人気。と考えても全くおかしくありません。

そうなると、来年新作ゲームが人気が出るのかもしれませんが、
こればかりは来年にならないとわかりません^^;

どうしても気になることが3つあります。
(もちろん明日以降の株の話とは別ですよ。)

「何を気にするんだよ。ドラゴンボールだからヒットするに決まっているだろ。だから利益も青天井に決まっているのではないか!!!」

と言われても仕方ないのですが^^;

1つ目:新しいプラットフォームの壁について

ハードルが高くないのなら、グリーやDeNA(モバゲー)が既存のプラットフォームを進歩(再構築)して関所強化してもいいと思うのです。


0から1を産むのは1から5を作るより大変です。

その1を持っているDeNA、グリーがしていることは再構築ではなくて
Apple、Google経由のネイティブアプリゲームの開発がメインです。

これは勝負しても試合にならないと思っているのではないのでしょうか。
そのような勝負にバンナムはでているわけです。

あと、「コンテンツが良かったら売れる」のならばGREEの乃木坂でGREEはボロ儲けしてもおかしくないのですが
そこまでV字の話は聞かないです。(というより、今GREEはアナザーエデンですね^^;)
なので、ドラゴンボール、アイドルマスターで爆発的に売れるのかなぁ。とも思います。(もちろんある程度は売れるのは思っていますよ^^;)

2つ目、なせバンナムはドリコムと共同で事業をしたのか。

言うまでもなくバンナムとドリコムは会社のスケールが違います。

資本金で9倍以上

売上ですと80倍ほど違います。

舞の海と曙以上の差です。

で、ここで思うのですが

「本当に確実に儲かるのならバンナムはドリコムと組まずに単独で事業をするのではないか?」

という疑問がでてきます。

ソフトの利益配分は別ですがプラットフォームは

バンナム 51%
ドリコム 49% とほぼ半分です。


ぼくがジャイアンならのび太に利益をたくさんあげようとは思いません。

俺のものは俺のもの。お前のものは俺のものです。

で、なぜいっしよに半々でやろうと考えたら、ない頭を妄想してみると

■ドリコム主導で企画立案した。バンナムは本気というより当たればラッキーと思う投資。
■プラットフォーム部分は極めて低い料金設定にして、ゲーム制作企業にお金がたくさんはいるプラットフォームにする。 (でゲーム自体は別会社が制作し、その配分はバンナムにかなり有利に設定。)

のどちらかだと思うのです。個人的には後者なのかなぁ。と妄想しています。
もしアカツキだけで「ドッカンバトル」展開していたなら利益32億ではなくて150億以上もできるのではないか。と思うのですが(あくまで妄想です。実際はわかりません。)32億なのはそのような契約だからだと思います。

 

ただ、今まで書いたのはあくまでぼくの勝手な心配事とか妄想であり、
それが杞憂になり現実に大ヒットすればドリコムのステージは大きく変わります。

新しいことに挑戦することは本当に素晴らしいと思います。来年が楽しみですね^^

    にほんブログ村 株ブログへ

 

 

2017-05-25 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

チョコレート菓子市場は甘いのか!?(不二製油グループ本社 2607)

僕はセキュリティー銘柄の割高についてよくわかっていない事がありまして

(もちろん株価が間違っているといいたいわけではありません。(^^ゞ)

それは

セキュリティの今年度の伸び率は4.2%でそんなに急激に大きく伸びないのではないか。   ということです。

http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20170105Apr.html


もちろんこれから数年安定的に伸びていきますので魅力的な市場には間違えないのですが、4%台で伸びているというのは他の業界でもある話です。
例えばチョコレート菓子業界では毎年3%以上の成長をしています。

インドやマレーシアでは6%以上の成長です。

チョコレートのお菓子業界とセキュリティー業界はほぼ同じ成長率なのです。

言葉にしてみたらなんか変ですね^^;

不二製油精油グループ本社は油脂、大豆を原料とする食品素材を販売しています。
特にチョコレート用の油脂は主力商品になっています。チョコレートの油っぽい感じの部分ですね。

また、油脂だけではなく大豆たんぱく事業はここ数年で大きく伸ばしています。

大豆たん白ってなんだろうと思ったら加工品や健康食品に使われるのですね。

その結果前期営業利益は過去最高になり株価も安定した推移を辿っています。

そう考えると業界も大きくなるので安心なのかなとは思うのですが、不二製油は業務用チョコレートでは世界BEST3にははいっていません。
業界トップがだんだんシェアを大きく取ってしまうことになりましたら、チョコレート事業が伸びても意味がなくなってしまいます。で

また中期経営計画をみてましたらかなり高めの目標設定になっていますが

「既存事業だけでは達成しないと書いてあるので本当に新事業が発展するのか。」
「高すぎる目標は無理をさせてしまわないか?」

と言った心配もあります。
まぁ、これは過度な心配なのかもしれませんね。

世の中チョコレートみたいに甘い味ばかりだったらいいのにと思うのですが
カカオそのものは苦いものだったりします。

人生も株もチョコレートと同じく甘いことも苦いことも味わうことなのかもしれませんね。

追伸

まぁ、色々書きましたが勉強していない分野(ってぼくにあるのだろうか・・・。)について書くと勉強になるのですが
基礎知識が薄いため読みにくい文章になってしまっていますね。すみません^^;まとめるのは難しい(><)

    にほんブログ村 株ブログへ

2017-05-25 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

国内物流・国際物流 (川西倉庫(9322))


ヤマト運輸が扱う荷物がたくさん増えている。
ということはヤマト以外も荷物が増えているわけでこうやって荷持がたくさん増える世の中には
倉庫がより必要なのではないか。と通勤中ぼんやり思いまして
倉庫銘柄の1つである川西倉庫について調べてみました。

川西倉庫は倉庫の管理はもちろん

海上でのコンテナ物流を行っています。

前期の決算を見てみましたら

■国内物流 ↑

■国際物流 ↓ の流れが鮮明です。

国内の物流を見てみましたら保管高が3%もUPしています。

 

新倉庫を作るのも好調の証なのかもしれませんね。

しかし、海外のはいまいちで、今期もイマイチが続きそうです。

ということで

日本の物流は景気はいいけど、海外の物流はバルチック指数が上がらないとなかなか良くならないのかもしれないですね^^;

 

就職Q&Aを読んでいましたら「海外勤務」の事が書いてありまして

これを読んでいると新人はないけど経験者はありますよ。というふうに読めます。ということは、国際物流が復活してきましたら海外勤務される方が多くなりそうですね。倉庫業も地味ではなく世界にはばたく時代なのかもしれませんね^^;

 

追伸 もちろん川西倉庫だけでなく他の倉庫銘柄について調べないとわからないことだらけですね。ほかの銘柄も今度調べてみなくては。。。

    にほんブログ村 株ブログへ

2017-05-24 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

2017/05/22 決算の感想 ファイズ(9325) 4Q

Amazonの物流センターの管理・こん包などの配送業務を行うファイズの決算です。
大幅な増収増益の決算です。

セグメント別に見てみますと、メインのオペレーションサービスも42%も売上が伸び、他の分野も1.5倍も伸びています。主力顧客=アマゾンですので売上が下がるのはなかなか想像がつかないと思います。
(それは織り込んでいる株価とは思うのですが。。。^^:)

ところで来期なのですが売上の伸びに対しまして利益が上がっていない見通しになっています。

4Qの営業益も正直期待からは遠いものの気がします。

損益計算書をみてみますと

4Q

3Q

販管費が144から224と8000万円3か月大きく伸びています。これを見るとデメリットですが、前年度からみたら233→224と大きく売上が伸びたのにも関わらず減少しています。これをみるとメリットです。いずれにしても今度発表予定の資料等で理由をとても知りたいところです。(自分ではわかりませんでした。すみません(><))

ただ、Amazonはなぜヤマトや佐川ではなくファイズにお願いするのかというのを考えてみると。

「トータルでいろいろなことを考えてくれる。」というのと

「コストが安くなる」というのが大きいかと思います。

そこで思うのですが「ヤマトが値上げ要請をしているこのご時世、ファイズはAmazonに対して値上げ要請できるのだろうか。」というのが気になります。別にしなくてもできるのであればヤマトも値上げをお願いしないわけでして、ファイズの利益の伸びが鈍いのは、その部分なのかもしれないですね。

ファイズのメインのオペレーションサービスの説明を読んでいましたら
「アマゾンに掲載する写真データの作成」という物流とはちょっと違うサービスも含まれています。

物を運ぶだけではなくトータルに行うからこそ仕事と信頼がもらえるのかもしれませんね。

    にほんブログ村 株ブログへ

 

2017-05-22 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

2017/05/21 決算の感想 ズーム(6694) 1Q

プロ用のハンディレコーダー、ハンディビデオレコーダーを手がけるズームの決算です。
上場して初めての決算ですが、昨年との比較を資料で掲載してくれることに好感を持てますね。

■過去に書いたブログ■本格的録音機材はふつうの人にとどくのか?(ズーム 6694)

前期と比べたらかなり大幅な進歩をしています。

昨年度に比べて新製品が売上を伸ばしています。

利益の増加要因で見ても出荷量UPが一番に挙げられています。

さて今期ですが

売上だけみたら 予想+0.8%なのに +8.8%なのはかなり順調ともいえますが

純利益は 1Q 28百万 通期238百万 と推進率11%なのは少し気になります。

会社説明によりますと持分法の会社で後からカバーできる所もあると思うのですが。。

あと新製品など既存の製品の売上が落ちてくる可能性もあります。
なので、ここでは一概に判断が難しいですね。

ズームの商品は日本の売上は12%ほどしかなくほとんどが世界に向けて発売しています。

最近上場した企業で売上の殆どが日本以外というのも少ないかと思います。
新興企業も世界を相手にできる企業がもっともっと増えたら
日本の株式市場ももっともっと面白くなるのではと思うのです^^

    にほんブログ村 株ブログへ

2017-05-21 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 141