Kabu Pony(Blog)

2017/05/13 決算の感想 エイベックス・グループ・ホールディングス(7860)


音楽事業全般を行っているエイベックスの決算です。

資料には減損とか残業代はざっくりとしか掲載されていませんでした。
ビジネスの根幹ではないのでこちらも触れないでおきます^^;

売上が少し伸びているのは音楽の売上をライブでカバーしている所が大きいですね。

確かにライブの規模も大きくなっています。

さて、来期もライブ増加により増収を予定していますが

2つ心配している事がありまして、まず

■三代目JSBに結構無理させていないか?

というのがあります。

ドームツアーをこのペースで行うのは本当に大変です。
前期は去年のドームは夏(HIGH and LOW)と冬(METROPOLIZ)二回もドームをしています。
このペースで回るアーティストはなかなかいません。
これを続けられるのだろうかと思うのです。。

ただ、これは去年EXILEがツアーをしていなかったのでなんとかなるのかもしれませんね。
(これは来年になったらになりますが東方神起が復活したら更に上積みがあるのかもしれません。)

ただ、もう一つの疑問がありまして
■去年ファンクラブの人数が減っているのにツアーの規模だけ大きくなることはあるのだろうか。


という事です。

ファンが増えなくてドームツアーをすれば空席祭りになってしまう懸念がどうしてもあります。
今期ライブ事業がも増収減益なのはその兆候なのかなあ。と邪推してしまいます^^;

エイベックス書いていて思ったのは「LDHと韓流」がなければかなり危ないのではないかと強く感じました。
エイベックス発の人気アーティストをもっと作って音楽がワクワクさせてほしいですね!

■追伸 これは日本の音楽業界の問題だとは思うのですが、三代目JSBは3年ほど前EDMを取り入れて人気が出たのですが
世界はEDMも進化していてトロピカルハウスが流行り、今年は改めてレゲエが流行りそうなのに
この流れに一切乗っていないのは本当に日本がガラパゴスなのではないかと思うのです。
全員が真似することはないのですが、第一線が誰も取り入れないのはどうなのだろうか。とは思うのです^^;
そういうのを毎回しっかり取り入れて、人気を保っているジャスティン・ビーバーやリアーナのこの部分をしっかり見習ってほしいなあ。。。

    にほんブログ村 株ブログへ

 

2017-05-13 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

2017/05/13 決算の感想 KLab(3656) 1Q

ラブライブのKLabの決算です。


評価されて5/12にストップ高になりましたね。

利益の伸びが素晴らしいです。


なぜ利益がでるようになったかといいますと

■社員も減らす

■赤字のイベントから撤退

という利益を生みやすい構造に変化していることですので評価していいと思います。

ただ、興味がある事がありまして、「なぜ給料の高い日本人より給料の安いフィリピン人を大幅に減らしたのか?」というのがとても気になっています。勝手に妄想してみますと

■日本人がメインのゲームはほぼ日本人でないと作れない。

■フィリピンは解雇規制がゆるい。(日本が世界でかなり厳しいともいいますが。)

■今までフィリピンでの仕事は撤退予定のゲームばかり

なのかもしれません。もちろん答えはわからないのですが^^;

 

今期は更に海外減らす予定ですね。いっその事完全撤退でもいいような。。。

さて、今期の予想はレンジで発表されました。

下限と上限の差がかなりあります。

ただ、1Qレベルを4回決算すれば上限を超えてしまいますので、2Q,3Qはラブライブの売上が少し下がるのではないか。と予想している気もします。

ずっと重課金だとつかれますし後述する秋まで人気を持続させないといけませんので^^;

まぁ、いろいろ書きましたが、ぼくは今年の KLabはうたプリにかかってると思っていて

■早期にリリースされる

■セルランが評判通り

なら先程の上限も破ってもおかしくないと思いますし

■リリースが延期、もしくはかなり遅い

■うたプリの人気が落ちセルランが評判通りいかない

のであれば下限もあるのかな。とは一瞬思ったものの

今年は10月からラブライブサンシャインの第二期が始まりますのでそこまでは落ちないような気もします。

ラブライブは産まれて7年ほど立ちますが、「ラブライブサンシャイン」を初めたときは

「なんで一からつくるのだろうか。」と思ったのですがキャラも声優も若返ったため

人気が持続することに成功したのかもしれませんね。レンジのどこに収まるか楽しみです!

    にほんブログ村 株ブログへ

 

2017-05-13 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

野村不動産ホールディングス(3231)への買収が成功したらどうなるのかを妄想みました。

本当かどうかはわからないのですが

日本郵政が野村不動産を買収か!?というニュースがでました。

<日本郵政>野村不動産買収へ 不動産事業を収益の柱に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000118-mai-bus_all

日本郵政は最近巨額損失を買収で出したばっかりのこのタイミングでの買収なのでなんなとく不安になります。
しかし、何かしらメリットがないとその気にならないのも確かです。

それ以前にぼくはある事に気が付きます。

野村不動産ときくと「あの野村の不動産部門!とても大きな会社!」というイメージはものすごくあるのですが
一旦どの規模なのかと考えたら全然わかっていない教養の無さに気が付きました。
そこで今回この機会に野村不動産について簡単なことを調べて、もし買収が成功したらどうなるのかを妄想みました。

http://www.c-hotline.net/docs/html/NORE7238/dl/nore170509_1.pdf

 

資産をみてみますと

オフィス、商業施設で8000億の資産を持っています。

8000億といえばどれくらいの都市になるのだろうか想像してもなかなかイメージできないものですね。

保有物件が掲載されていますが立派なビルばかりです。

また、収益の半分以上は住宅になりますので不動産会社らしく8000億有利子負債がありまして

自己資本比率が30%と大手にしては少し低いのではないかと思います。^^;

売上に関しましては住宅販売が引っ張るものの利益に関しましては賃貸部門が大きく引っ張っています。

駅前のビルの大家さんというのはやはり強いですね。

今後の契約も4年後くらいまで予定されています。

マンションというのはそれくらい完成まで時間がかかるんですね。

また都市開発も行っていてこちらも長いタームで計画されています。

ということで、この野村不動産のパワーを買収した後の効果を考えてみたら

■駅前の普通郵便局が建て替えてマンションとかビルに変わる。
■郵便局の運用に野村不動産をポートフォリオに入れる。

というのはなんとなく考えられます。

企業融資ができないけど国債も利回りがないこの世の中どこかで運用したい。

しかし、小さい企業だと運用先としていまいち。そこで資産もありノウハウもあるので眼をつけたのかなぁ。とも思います。

ということで、確かにメリットがあるのかな。とは思うものの
野村の資料にCAPレートが過去最低とご丁寧にも今の不動産は過熱感があることを示唆しているような事が書いてあるのですから

焦らなくても、CAPレートが上がった時に買収提案したほうが良かったのではないかとも思うのでありました^^;

 

    にほんブログ村 株ブログへ

2017-05-12 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

2017/05/12 決算の感想 うるる(3979) 4Q

うるるの決算です。

メインのCGS事業は予想以上の伸びをしてしています。

と、いいましても今期は件数の伸びは371件と去年より下になっています。

これが今後上場によりどうなるのか気になるのですね。

さて来期ですが売上の伸びもいいのですが

経常が2.4倍と大幅に伸びています。

はやり損益分岐点から売上が伸びる時は利益が大幅に伸びるものなのかもしれませんね。

しかし、大概の場合は株価に先に織り込まれてしまうのですが^^;

ところでIPOがでた時にうるるのことでブログをかいたのですが

その予想は

経常3.8億程度 純利益2.8億程度

と書きましたが外れてしまいましたね。上の方に。(ただ、まだ会社予想なので実際はどうなるかわかりません)^^;

こうぽわんとして書けるのは株を結局買っていないからなのではないかと思いました。

予想だけではお金儲けもお金を減らすこともありません。だからぽわんとするのでしょう^^;

    にほんブログ村 株ブログへ

 

2017-05-12 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

2017/05/10 決算の感想 ドリコム(3793)と今期1Q予想

ダビマスのドリコムが決算を出しました。

黒字転換しています。

といいましても、感想は修正を出した時に書きましたので

2017/04/20 修正の感想 ドリコム(3793)

あまり書くことがありません^^;


あえて書くのでありましたら少し上振れということは、予想以上に好調。
ということでしょうか。

で、問題は今期1Qの予想です。

営業利益がマイナスの予想です。

この予想ですとダビスタの売上が減少する見通しになっています。

本当に下がるのでしょうか。
では、4月からのセールスはどうなのでしょう。
改めてみてみました。
どん。

うーん。
これは

■イベントがないときの下落がだんだんひどくなっていそう。 という見方もできますし
■5月はイベント控えめでも60位切らないので自力がついてきているのでは。

という見方もどちらもできます。

ということは横ばいなのかもしれません。あと一ヶ月半が勝負ですね^^

あと、本当に細かいのかもしれませんが
前回の決算説明会の時
内藤社長は「4Qは横ばいだから控えめ予想」といいました。

しかし、1Q(4月〜)は言うまでもなく競馬シーズンが始まっています。

始まっても4Qと同じ売上予想というのは

1Qは

■控えめ予想
■3か月前の予想が悪い意味で狂った。

のどちらかだと思います。

それをまた三ヶ月後に確かめてみたいですね^^

追伸

あと、個人的に気になるのですが
田中将大投手は年俸もドリコムのCMのギャラなんて微々たる金額になのに
ドリコム以外にも色々CMでてくれるのはなぜだろうかと思います。ありがたや^^;

 

    にほんブログ村 株ブログへ

 

2017-05-10 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 140