2018-06-19

メルカリとリユース銘柄をくらべてみました。


メルカリ上場です。
時価総額7000億円越えとは凄いの一言です。
自分で買って売った方が高く売れる訳ですので
今後も人気は続きそうです。

とは言うものの個人から買うというのは
信頼が下がります。

(今はなくなりましたが)10000円を11000円で販売するという普通ではありえないこともあります。

そうなると
■個人よりも信頼があるところで買いたい
■よくわからない実際みたい
お客様は間違いなく一定数いますので
共存共栄になるのではないかと妄想しています。(^^;)

ということでメルかと既存のリユース銘柄をくらべてみました。

 

比較銘柄

メルカリ(4385) 
トレジャー・ファクトリー(3093)
コメ兵(2780)
シュッピン(3179)
デファクトスタンダード(3545)

メルカリと
ネットリユースから2つ
実店舗から2つ選んでみました。

ゲオ、買取王国、SOU、マーケットエンタなど探せばたくさんあるのですが、それはまた別の機会ということで。。。

◆売上、経常は来期見通しより、BPS,PBRは今期実績より計算しています。株価(時価総額)はデータ入力時(2018/ / )のものになります。また今期予想非開示の場合は、売上・配当→昨年度実績を代用、また営業・経常が片方が示されている場合どちらかを強引に代用します。(強引なルールですみません。勝手に増収とか増配できないです。。。)◆

1.売上推移、経常推移をくらべてみました。

メルカリが4年で8倍の売上になっているためほかが上がってように見えますがしっかりどの企業も成長しています。

メルカリは赤字、黒字を激しく動いています。

店舗型のトレファク、コメ兵と

ECのシュッピン、デファクトとでトレンドが綺麗に違っていますね。

 

2.時価総額と売上、経常利益をくらべてみました

これだと競っている感じにみえますが対数チャートです。

これを普通のチャートになると

メルカリの時価総額の凄さがとにかく目立ちます。

将来的に抜かされるとは思いますが、メルカリはコメ兵より下で、シュッピンとほぼ同じなのですね。

(シュッピンも前期の増収率23%ほどなので、それがさらに伸びたらシュッピンも時価総額5000億。。。ってないですね^^;)

4.PER、PBRをくらべてみました。

メルカリのPBRの凄さが目につきます。100を基準とするとシュッピンもPBR8.6ですがすごく小さく見えますね。

 

5.ROA、ROE、自己資本比率をくらべてみました。

メルカリは今回の上場で自己資本比率が大幅に改善されますので上場前のグラフは意味をなさないのかもしれません。

シュッピンのROEが目につきます。

6.配当利回り、配当性向をくらべてみました。

トレファク、コメ兵がしっかり配当を出していることがわかります。

 

まとめ

メルカリ(4385)・・・何もかも規格外の指標です。売上の伸びがどこまでいくのか注目ですね。くらべてみたら適正時価総額がよりわからなくなりました。。。

トレジャー・ファクトリー(3093)・・・経常が減益なのがどうしても気になります。今期の増益予想がしっかり達成できれば評価も変わりそうです。

コメ兵(2780)・・・ここ二年反転基調になってきています。配当もしっかりでますので店舗型として頑張ってほしいですね!

シュッピン(3179)・・・メルカリによってグラフが目立たなくなっていますが普通に優良企業です。カメラや時計は単価もやや高く偽物買いたくありませんのでまだまだ伸びそうですね。

デファクトスタンダード(3545)・・・ブランディアやヤフオクメインなのでどこまで伸びるのか心配なところもありますが、普通にしっかり成長しています。

どの企業もこれからも頑張ってほしいです!

 

   にほんブログ村 株ブログへ

  facebook    にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください