2018-06-13

高配当銘柄をくらべてみました(2018年6月Ver)

最近グラフはつくるものの文章が追いついていない。。計画のなさがよくわかります。。。

株の売却益は嬉しいですが、残念投資家のぼくは損切りをよくします。そんな事をしてますと売却益がなくなってしまいます。

しかし、配当は会社が安定しているのであれば安定収入です。長期投資の醍醐味ですね!そこで高配当銘柄を調べてみました。

比較銘柄

ベリテ(9904)
プロスペクト(3258)
日産自動車(7201)
JT(2918)
KG情報(2408)

https://info.finance.yahoo.co.jp/ranking/?kd=8&mk=1&tm=d&vl=a
6/11時点のベスト5です。

◆売上、経常は来期見通しより、BPS,PBRは今期実績より計算しています。株価(時価総額)はデータ入力時(2018/6/11 )のものになります。また今期予想非開示の場合は、売上・配当→昨年度実績を代用、また営業・経常が片方が示されている場合どちらかを強引に代用します。(強引なルールですみません。勝手に増収とか減収とかできないです。。。)◆

1.増収率と経常増益率をくらべてみました。


なかなか増収企業は見あたりません。

ベリテの増益率改善が目につきますね。

2.売上と営業利益、営業利益/売上をくらべてみました。


日産自動車と一緒に比べるとよくわくらなくなりますね。すみません。

3.PER、PBRをくらべてみました。

KG情報は今期約1億円の利益ですので改善したら一気にするのですが、中国地方四国地方の求人がメインビジネスなのでそこまで改善するのかな?とも思います。

4 ROE ROA自己資本比率を調べてみました。


どこもつぶれそうということはなさそうです。

5.配当利回り、配当性向をくらべてみました。


ベリテやKG情報は配当性向150%超えてますので、儲けた金額以上に配当払っていますね。

プロスペクトは去年は特別利益で利益でていますが特別利益なので経常で考えたらほんとに継続して配当だせるのか心配になります。

まとめ

ベリテ・・・配当出しすぎにも思いますが利益改善は順調にすすんでいますのでこれからの成長にも期待できそうです。

プロスペクト・・・前期は特別利益で配当だったので今期本当に3円でるのか気になります。経常でしっかり改善してほしいですね!

日産自動車・・・景気が最悪にならなければ利益がしっかりでて無理なく配当だせる水準です。高配当銘柄でJTは有名ですがこちらももっと有名にならないのかな?

JT・・・売上減収が止まれば売上営業利益率もいいわけですので無理なく5%ちかく配当をずっともらえます。しかし、すぐにということではないのですが、タバコは世界的に反対のながれなのでこのまま減収が続いたら?といったら心配はすこーしだけあります。

KG情報・・・資産は問題ないのですが、この好景気で求人で稼げないと、好景気が終わったときどうなるのか気になります。

どの企業もこれからも頑張ってほしいですね!

■予約受付中■

      にほんブログ村 株ブログへ

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください