2018-06-14

ペット関連銘柄をくらべてみました。


最近猫好きが増えているような気がします。
確かに「にゃ~」の鳴き声と可愛らしい瞳をみていたら癒されますね。

ということで、ペット業界について調べてみました。

比較銘柄

エコートレーディング(7427)・・ペット用品の卸売事業
アニコムHD(8715)
アイペット損害保険(7323)
動物高度医療センター(6039)

代表的な4銘柄を取り上げてみました。まだまだ知らない銘柄もたくさんありそうです。。。

 

◆売上、経常は来期見通しより、BPS,PBRは今期実績より計算しています。株価(時価総額)はデータ入力時(2018/6 /11 )のものになります。また今期予想非開示の場合は、売上・配当→昨年度実績を代用、また営業・経常が片方が示されている場合どちらかを強引に代用します。(強引なルールですみません。勝手に増収とか増配できないし。。。)◆

1.増収率と経常増益率をくらべてみました。


アイペットが小型株らしく増収率が著しいですね。
アイペットは今期予想なので増益がほんとになるのか気になるところです。

 

2.売上と営業利益、営業利益/売上をくらべてみました

規模はペット全般を扱うエコートレーディングの売上は凄いのですが利益は保険業の方が稼げるのかもしれません。病院の利益率かなりいいですね!

3.PER、PBRをくらべてみました。

アイペットは今期3200万円というほぼ0円(ぼくの資産から比べたら当然0円ではありません。超大金です!)なのでPERが600になってますね(^^;)エコートレーディングは商社らしく低PBRです。

4.ROA、ROE、自己資本比率をくらべてみました。

動物高度医療センターのROE,ROAが目立ちます。

5.配当利回り、配当性向をくらべてみました。

エコートレーディングの配当がとにかく目立ちますね。

 

まとめ

エコートレーディング(7427)・・ペットどうのこうの関係なく安定株にみえます。長期保有しても配当がもらえそうです。これであなたもペット王国の住人になれますね。

 

アニコムHD(8715)・・・人気株でしっかりしているのがよくわかります。売上が毎年増収率が伸びているのはかなりプラスですね。

 

アイペット損害保険(7323)・・・小型なので成長率は高いです。時価総額200億弱に見合った利益をあげてくるのか、そうならないのか楽しみですね!

 

動物高度医療センター(6039)・・・利益率・ROEは素晴らしいですので、店舗を増やしていけば大幅に業績ものびそうです。でも、店舗を増やすのはセブンイレブンみたいに簡単に増えるものではないのかもしれません。

 

どの企業もこれからも頑張ってほしいですね

■予約受付中■

      にほんブログ村 株ブログへ

 

 

 

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください