2018-01-21

投資初心者のための「ヤバイTシャツ屋さん投資法」

謎の第2回。
はじめに言いますと書きたいことは
株のブログなのでそれらしく書いてますが筆者が
ヤバTが好きというのを書きたいだけです。^^;

ヤバイTシャツ屋さん投資法 「既存のもの」+「既存者のもの」=「新しいもの」

個人的にものすごくはまっているバンドに

「ヤバイTシャツ屋さん」というアーティストがいましてよく聞いています。
一年後とか二年後とか今よりも人気が出ると思うのです。(今でも人気がありますが)

・フェスで盛り上がりやすい
・歌詞にインパクトがあり覚えやすい
・覚えやすくかっこいい。

など入口が広いのも人気の秘密かと思います。

彼らのインディーズ時代からの代表曲に
「あつまれ!パーティーピーポー」という曲があるのですが

ヤバイTシャツ屋さん – 「あつまれ!パーティーピーポー」

この曲はLMFAOのShotsのオマージュで作ったとメンバーのこやまさんは話されています。
(邪推ですがデビューするとは思っていなかったと思うので、軽いノリでしたようにも感じます。→その後しっかり本人(LMFAO)の許可もらっていますよ。)

LMFAO – Shots ft. Lil Jon

しゃっ!しゃっ!しゃ! しゃっ!しゃっ!
しゃっ!しゃっ!しゃ! しゃっ!しゃっ!
しゃっ!しゃっ!しゃ! しゃっ!しゃっ! しゃっ!
えっびっばーっでぃっ!

ものすごくインパクトのあるフレーズです。

で、冷静に考えた時に
この曲はあまりない事をしていると思ったのです。

それは

“「バンド」が「EDMの曲」からアイデアを拝借して成功している”

ということです。

・バンド好きでEDMを聞いてる。 という時点で少ないと思うのですが
・バンドしていてEDMからアイデアをもらう というのはさらに少ないと思います。

それでいてEDMの良さをもらうためにバンドの良さがなくなる。という事はあってもおかしくないのですが
「フレーズ(掛け声?)」のみを使っていますのでそのようなこともありません。

文字で書くと簡単にできそうな事かもしれませんが
それがうまくいくのは奇跡だと思います。

ヤバイTシャツ屋さん投資法〜基礎編〜

株式市場ではたくさんの企業が上場していますが

■「既存の事業」+「既存の事業」=今までにない事業

という企業がたまにでてきます。

そのような企業というのは独自性があり安定して成長する。
という事が株式市場にはよく起きます。

ヤバイTシャツ屋さん投資法〜実践編〜

例 スター・マイカ(3230)

・マンションをリノベーションして販売する事業なのですが

普通は

「マンション買う」→「住人引っ越す」→「リノベーション」→「販売」

ですが

「住人が引越しなくてもOK」というビジネスモデルにすることで安く物件が手に入れて安定成長。

例 インベスターズクラウド(1435)

■アパート経営は

土地を仕入れる→アパート建てる→販売

というビジネスモデルなので借入金があるのが普通なのですが

「土地は不動産屋さんに情報だけ仕入れて仕入れない」という方法にしたため
無借金で安定成長。

ということで、どこかでヤバT投資法がつかえるかもしれません!?

追伸 このロジックなら「アイドル」「メタル」でBABYMETAL投資法でも書けますね^^;

追伸の追伸 一番好きな曲は「ヤバみ」だったりします。(誰も聞いていないですね)

■予約受付中■


   にほんブログ村 株ブログへ

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください