2018-01-28

投資初心者のための「千代大龍投資家」


この投資法コーナーは投資法というより前半の部分を書きたいだけなのではないか。とバレてそうですね。→正解です。

今回も千代大龍があまり人気がなさそうだけど憎めなくとても気になる力士なので書いてみました。^^;

千代大龍投資家~我流でも1つのことにとことん極める。~

お相撲が終わってしまいました。
なんだかんだで本当に楽しかったです。
栃ノ心さん優勝おめでとうございます
寂しい一ヶ月半になりそうですがまた春場所をたのしみにしています。

そこ最近人気はあまりないのですが気になる力士で千代大龍関がいます。

 

千代大龍関と言えばわかりやすい相撲でどの取組もあっという間に終わります。
難しい技とかあまりなく3パターンで説明ができます。

 

1.どーんと押す→相手をふっ飛ばして勝つ

2.どーんと押す→叩き込んで勝つ (MSP)

3.あっけなく負ける

まわしを取るとかそんなかけひきほぼゼロです。

どーんとぶつかってあっという間に勝負が決まります

 

そんな千代大龍関は今場所8勝7敗で勝ち越しました。
来場所は小結になりそうな感じです。
(遠藤関になってほしい人が多そうだけど多分千代大龍関でいいと思います。)

 

小結というのは相撲好きでないとわからないと思うのですが
現在力士というのは690人ほどいるのですが

横綱3
大関2
関脇2
小結2

なのでベスト9にははいります。

 

つまり、千代大龍関はどーんとぶつかってのつっぱりorはたきこみを極めて
上位2%にはいるほどの実力者なのです。

千代大龍投資家とは

Kabu Berryを開催していて思う事がありまして
稼がれる方は型をもっている事が多いのです。
(もちろんオールラウンダーの超人投資家もいますよ。)

 

なので、いろいろな投資法があっても
自分にあった投資法が見つかったのなら
人と違っていても
それをとことん極めたほうがいいのではないか。
と思うのでありました。

 

ということで、
どこかで千代大龍投資家という考え方がつかえるかもしれません!?
来場所も今から楽しみです!

■予約受付中■


   にほんブログ村 株ブログへ

 

関連記事

コメントを残す