2019-04-29

ファンデリー(3137)の決算と新しいお弁当工場について調べてみました


ヘルシー食通販がファンデリーが決算を発表しました。

ファンデリーの決算

メインのMFD事業をみてみましたら

特出したないような書いてなく、安定した成長になっていますね。

ファンデリーの今期決算予想

さて前期はともかく来期が41%増収予想になっています。

短信を見てみますと

特に新たな内容は書いていなく、受注件数が52.8%と書いてあります。

資料をみましたら新工場が4Qから貢献と書いてありますね。

新工場は1日90000食OKと書いてあります。

もし90000食500円の弁当を生産としたら

90000*500*365=164億円になります。

今期売上予想は48億ですのでほとんどの工場が暇になります。

なので、推測ですがファンデリー以外の業者からのお弁当製造を受託して売上を伸ばすのではないか?

と思いました。

とはいえ、今期2.7%増収が41%増収というのは単純計算で考えたら

 

前期の売上(1Q→4Q) 819,854,879,842 が 今期(1Q→4Q) 900,974,1000,2000 くらいにならないと達成できません。

下期の急な上昇も気になるところですが、上期も結構大変なのではとも思います(TV効果がありますので増収ペースは上がるとは思いますが。)

 

あと、素朴な疑問として自社工場になるのにも係わらず利益率があまり増えていないのは気になります。

新工場の減価償却費の影響とも思いますがどうでしょう。

定額法で償却される場合は来期以降売上が伸びたら利益率が少しずつ改善するかもしれません。(それはまた一年後の話になりますし、建物の減価償却は期間は長いのでそこまで影響あるのかなぁ。。。単純に野菜価格高騰で原価が高くなっているのかなぁ。。。)

意欲的な目標がどうなるのか注目ですね!

 








Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください