2019-08-10

アルファポリス(9467)の決算について調べてみました


ライトノベル・マンガ出版のアルファポリスが決算を発表しました。

増収率5.6%なので通期目標からみたら少し遅れているように見えます。

これは「本・漫画が売れない(増収なので売れていないわけではないのですが。。。)から」とも思うのですが、

1つ気になることがありまして

それは

マンガも

ライトノベルも

 

発刊点数を減らしているのはなぜだろうか。(特に漫画)

 

との事です。

発刊点数と売上は比例してますので

■少し計画から遅いのは計画通りで、2Qから発刊点数を増やしていく

■本当はもっと発売したいけど、売上が見込める本が少なかった

なのかどちらなのか気になるところです。

(発刊数が多ければいいというわけではなく最低限は売れる本を制作する必要があります。)

 

1Qのアルファポリスは作品数やPV数を増やすような土台作りをしているように見えます。

 

ただ「PVを増やすこと」と「発刊点数を増やすこと」は平行してできるわけで、そうなると

「4Qは無理してでも点数を増やした反動の1Q」なのかもしれません。

となると今後は新刊情報をみれば推測できるのかもしれないですね。(少し暴論ですが。。。)

https://www.alphapolis.co.jp/book

今後の展開が楽しみですね!

 

 








Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください