2020-02-28

KabuBerryLab13中止の
連絡と
今後の予定について




■KabuBerryLab13中止と個人的に思うこと。

この度はKabu Berry Lab 13は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止(延期)することになりました。
直前の発表になりまして本当に申し訳ございません。

まずこれだけは言いたいのですが登壇予定の
イオレさん、トビラシステムズさん、そして紹介してくださったログミーファイナンスさんには
本当に心から感謝しています。そして拙い主催で申し訳ございません。
必ず今回のリベンジで開催したいと思いますので落ち着きましたらよろしくお願いします。

(以下、個人的に思っていることを書きます。)

今の状況では開催できないのは本当に仕方ない事だと思っています。
仕方ないのですが、今の空気はおかしいのではないかとも感じています。

『コロナウイルスがあるのに東京事変がライブ決行するのはおかしい!』
『コロナウイルスがあるのにディズニーランドは開いているのはおかしい!』

これが現在通ってしまいますが

『インフルエンザがあるのに東京事変がライブ決行するのはおかしい!』
『インフルエンザがあるのにディズニーランドは開いているのはおかしい!』

これを言っても普通は通りません。

しかし、この2つにどのような違いがあるのか正直わかりません。

なぜなら

一週間の患者数を調べてみたのですが

インフルが300倍患者数が上です。

今から爆発的に増えるとしても2週間が山というのを信じて今から300倍に増えるとも思えません。

そして、残念ながらお亡くなりになってしまう人もエボラみたいな割合だった別ですがそうでもありません。

もちろん「薬がないからコロナが怖い。」というのはごもっともですが、これまた大切な経済活動ができない状態は一刻も早く終わってほしいと思うのです。

あと、企画して感じたのは

■「開催自粛ムード」と同じくらい「参加自粛ムード」のほうが怖いのではないか。

ということです。

簡単に書きますと

募集開始での予約ペースが10としたら、コロナ発見で予約ペース4になり、首相の自主判断要請で予約ペース1になりました。(今回開催しようと思ったのは東京都の大規模自粛が500名以上という内容によるものです。)

ぼくは非営利ですし、規模もそこまで大きくない(100名〜160名)のですが

イベントを生業にしてたら簡単に首が飛びます。

コロナウイルスの患者よりも経済で困る人のダメージがはるかに大きいのではないかと感じます。

 

もちろん株オフは下落相場だと参加者は減りますし、それは仕方ないです。ただ、株オフ関係なくイベントを開催したら後ろ指を指す風潮は異常です。これからぼくが参加者の立場なら参加したくなくなります。

 

色々書いてしまいましたが。

コロナウイルスに過剰反応する社会のムードは誰も得しないし一刻も早く終わってほしいと心から思うのでした。

 

■今後の予定について

ということで、人数が少なくなったとしても
株について語れる自由がなくなるのはおかしいと思いますので、開催予定ではいます。

ただ、現状も考慮して

■プロ野球が普通に開催していたら開催。無観客なら中止。(Labは企業判断第一優先)

を基本線で考えていきたいと思っています。

これからも喜んでもらえるよう、まだ公表していない企画が多々もあります。

開催する時は人数はさておき、普通に楽しめる日常になる事を心より願っています。

■追記

と思ったのですが、政府方針が発表されてからプロ野球決めると思って書きましたが逆でしたので

KabuBerry56は「新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためのイベントの開催自粛要請」(3/16以降) の方針が政府から発表されてから複合的に考えて決定したいと思います。

ご理解の程よろしくおねがいします。


Kabu BerryのLINE公式アカウント
イベント情報を最速でお伝えします

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください