2018-04-20

HEROZ(4382)のAI技術について考える。

超人気IPOです。
こういったものをPER30くらいで寄ってくれれば嬉しいのですが
まずそんなことはないですし
逆になったときは業績が落ち込んでいるときなのではないかと思います。


の初めの語りを毎回AIに判定されると
『40点。いまいちですね。。』
とか言われてしまいそうです。正解ですが。。。

 

HEROZはAI関連事業を行っています。

AIテクノロジーを使ったサービスを他社に販売したり、将棋囲碁のゲーム制作をしています。

 

さて、HEROZの評価は
■ゲーム企業としてみるか
■AI関連企業としてみるか
によって評価が大きく変わると思います。

AI関連事業とかいてありますが
現状の売上はほとんどゲームです。

将棋ウォーズ

や、ポケモンコマスターの売上がメインとなります。

GoogleとAppleが増えているのはゲームですよね。

ものすごく邪推になるのですが
最近の売上増はAIはまったく関係なく藤井聡太ブームによって将棋人口が増えたものではないか?

とも考えられます。
違ったらすみません。
それだけなら普通のゲーム企業です。

ただ、企業向けのサービスは
2017年から始まってます。


様々なサービスに応用できますので
この分野が他社より優れていて伸びる
ということでしたらAI関連企業として考えるということになります。

どちらにしろ今後がとても楽しみですね!

■予約受付中■

   にほんブログ村 株ブログへ

 

関連記事

コメントを残す