2018-10-19

町田商店(横浜家系ラーメン)の将来性について考えてみました。[ギフト(9279)の企業分析]

横浜家系ラーメンのギフトが上場したので調べてみました。

 

町田商店を運営するギフトのビジネスモデル

 

ギフトは直営だと町田商店を展開しています。

見るからに美味しそうです。小池さん以上にラーメン大好きなのでみているだけで食べたくなります。

ギフトは直営とプロデュース店の2パターンで展開しています。

業績の伸びを考えると、直営店の成長がカギを握りそうですね。

毎年利益率が良化しているのもいいですね。

 

町田商店と一風堂の違い

 

 

さて、ギフトの成長イメージをみると

右肩上がりのイメージになっています。

ぼんやりの上限を考えてみますと

現在の通期予想は69億です。

同業他社を見てみますと、一風堂の力の源ホールディングスは

売上4倍あります。

そうなると伸びしろはまだまだありそうです。

ギフト(町田商店)の気になる所

ただ

■店舗数はプロデュース店含めると400店近く出店しているので出店余地があるのか。

■「横浜家系ラーメン」は美味しいけど「博多ラーメン」よりはメジャーではない。

■外食業界は既存店が100%割れの店が今年になって多く、その波にギフトも飲み込まれてしまったらそれこそ上場ゴールなのではないか。

といった心配はあります。

もちろん杞憂に終わるのが一番です。

これからも楽しみですね!

  facebook    にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください