2017-10-13

大東建託(1878)の決算の感想と土地活用(投資用アパート)の見通しを分析してみました

大東建託が上方修正を発表しました。

売上増加による利益の増加で

内容としましても

◆完成数増加
◆利益率改善

と言ういいサイクルでの上方修正かと思います。

通期変更はしていませんので

下期(10-3)は

◆売上 15850億-7810億=8040億円
◆経常 1280億-810億=470億円

になります。

今までの数字を見てみましたら

売上が達成できれば通期は利益上方修正できるのではないかと思ってます。

アパート経営は凄く好調!

と思うのですが

月次を見てみましたら見方がまったく変わります。
と言いますのも、8月から明確に前年割れをしています。

受注額も契約件数も減っていますね。

◆この傾向は2ヶ月で終わるのか?続くのか?
◆この傾向は大東建託だけなのか?他のアパート経営企業にも同様の傾向があるのか?

修正の部分もよりこの月次がどうしても気になるのでありました。(..;)






Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください