2019-02-17

ビックカメラ(3048)1店舗あたりのデータを分析してみました






家電大手ビックカメラの1店舗あたりのデータを調べてみました。
コジマと連結会計になっているので単独調べてたら頭がぐちゃぐちゃに^^;

こちらがぼくがよく行く名古屋駅前のビックカメラです。

・はじめに・この数字は有価証券報告書を元にしていますが、本部の数字も含まれるので正確ではない部分もあります。あくまで参考程度に見てくださいね。

☑ビックカメラ基本データ(事前準備)

出典元 第38期有価証券報告書 (PDF:1.4MB)

 

 

 

 

☑ビックカメラ1店舗あたりの平均データ

 

 

☑まとめ

・よく名古屋駅のビックカメラにいくのですがものすごく大きく家賃凄いだろうなぁ。と思っていたのですが実際計算してみると1ヶ月の家賃で普通のマンション買える値段になっているのですね。東京のビックカメラだとそれこそ1億円近い地代家賃になっていそうです。

・1日3300万円売れるということは7Fフロアがあったら1Fで400万。。。もちろんスマホ・パソコン・テレビなどの高額標品が牽引すると思うのですがすごい金額ですね。

・労働に対してお給料がそんなにに高くないような。。。

・思った以上に営業利益率が良くないことに驚きました。それこそ毎日が売り場も戦場ながら、赤字と黒字の間で戦っているわけですね。

今後の展開も楽しみですね!











Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください