2019-06-07

鳥貴族(3193)の決算を調べてみました





鳥貴族の決算を調べてみました。

増収減益です。

一年前と比べて

店舗数増える→売上増

一店舗の売上減る→利益減

ということですね。

説明をみてみますと

自社競合より悪化とかいています。

確かに金山(名古屋市)には鳥貴族が徒歩3分に3店舗もありまして、自社競合そのものですね。(で、1店舗は閉店しました。)

月次をみてみますと

■既存店売上が100%割れが継続

ですが

■去年は90%前半で推移→今年は90%後半で推移

なので底を脱しているようにも見えますが、
とはいえ100%割なので、復活の言葉は超えてからとも思います。

あと店舗数を678→659と減らしてます。政策有言実行しています。減っているのは全て直営店ですね。今まで拡大路線で成長したのを急に止めるというのは社長の判断力・決断力が本当に凄いと感じました。フルスロットルから急ブレーキは長期でガチホしていた銘柄を突然空売りするレベルで難易度が高い事だと思うのです。無理に株の例えをいれたら全然上手くなかったですね。ごめんなさい(>_<)

 

ただ「4Q前年同期比100%超えたら復活か?」と言いますと、2Qの資料をみてみますと

去年の4Qから売上の底が始まっているようにも見えます。なので、「3Qより低いハードルの既存店売上100%超」なのは頭にいれてもいいかもしれませんね。

 

読んでますと2Q時に発表した施策をしっかり実施しているのがわかる決算です。

復活楽しみにしています!










Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください