2019-06-10

コーセーアールイー(3246)の決算と
九州の投資用マンションを
調べてみました





コーセーアールイーが決算発表しました。

今回、上期の上方修正が出ましたが

1Q   売上2148  営利187

2Q予想 売上1960  営利-66

というのは売上の割に利益下がりすぎていないか?というのはちよっと思ったりします。^^;(とはいえあってもおかしくない数字ではあるのですが。。)

 

コーセーアールイーは九州でファミリー向けのマンションと

投資用マンションを展開しています。

今期は投資用マンションに力入れていますね。

投資用マンション?それは去年で下火になり、銀行も貸してくれないのでは?と思ったのですが1Qの契約数は

全く問題なく推移しています。それどころか去年よりも契約多いですね。

 

あと東京メインの投資用マンション企業は30%程度の減益計画が多く、

九州メインのコーセーアールイーも減益予定ではあるのですが

9.8%の減益予定で留まっています。

 

これは

■東京と比べて建築費が高騰していない

のが原因かと思います。ライバルも東京より少なそうです。

ただ

■九州の投資用マンションだと資産価値は東京より下がりやすくないのか?

というのは気になるところです。

 

あと投資用マンションは相続売りで売られることが多いと思うのですが

https://www.ms-toushiguide.jp/guide/step01/merit04.html

(マンションの価値が下がることもあると思うので鵜呑みにはできませんが)2億円で3000万円節税というのは投資用マンションのニーズは資産家からみたいらあるのかもしれませんね。

色々書きましたが九州に住んだらわかる事が多々あるのだろなあ。と思うのでした。

今後も注目ですね!

 

 

 










Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください