2019-07-06

サイボウズ(4776)は社長の希望に反してなぜ株価が上がっているのか妄想してみました。


サイボウズは青野社長は去年の8月に自社の株価急落を喜んでいましたが

 

青野社長の願いむなしく?株価は暴騰しています。

青野社長は「会社の規模と乖離して上がるのはおかしいではないか?」という考えらしく

2006年のバブルに近い上昇をした時に

退職者が25%以上になる経験があったため

その気持ちはわからなくもないのですが、だったら非上場にしたら。とも思ったりもします。

何にせよ、評価されない企業からみましたら「うらやましい」以外の言葉がでてきません。

株主も年初から保有していたら 640→1408(2019/07/06) と、ガチホしているだけで2.2倍です。(うらやましい。。。)

 

 

では、サイボウズは何をしているのかざっくり調べてみました。

サイボウズはグループウェアソフト「サイボウズ10」を主力で販売しています。

グループウェア日本No.1企業ですね。

https://products.cybozu.co.jp/office/

企業で必要なソフトが1つにまとめて入っているのは本当に便利です。

一度利用して納得されたらずっと利用しますしクラウドでの利用比率も増えていますので、これからも順調に業績が推移するのは容易に想像できます。

とはいえ今期の利益の伸び方は予想ですと

営利 1103→1249 と13%と悪いことは一切ないのですが、株価の期待よりは低いと思いようにもみえます。とはいえ、将来の投資をしっかりするためといった部分もあるし、売上に関しては20%以上なので期待通りとも言えます。

 

いろいろ書きましたが、これからも安定的に伸びる企業の可能性は高いと思います。

 

なので

■サブスクだし不景気にも強いはず!なので評価されて当然!まだまた評価される!

という考えもできますし、とはいえ

■PER120.PBR18はサブスクとかストックビジネスでも成長速度には限度がある。ただのマネーゲーム!投資というより投機!

といった考えもできます。

 

また

■同業他社のネオジャパンは似たような増収率ですがPER34,PBR4は約1/3〜1/4。いくらなんでもこの乖離はありすぎる!

といった考えもできますし

■業界ナンバーワンのサイボウズはしっかり評価されるべきだし、それにネオジャパンと違って増益だし4倍あって当然もっとあってもおかしくない。

と思っていてもおかしくありません。(ただサイボウズはボーナスの関係で4Qは毎年赤字ですなのは補足しておきます。)

 

 

このような「素晴らしい企業。だけど既に評価されている。」いう企業の株価の評価は本当に難しい。と書きながら改めて思うのでした。

これからの成長が楽しみですね!








Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください