2019-01-23

電通国際情報サービス[ISID](4812)の決算の感想と電通・GEとの関係を調べてみました


電通国際情報サービスが上方修正を発表しました。

 

確かに3Qの段階で

エンジニアリングソリューション

コミュニケーションIT

は好調ですね。

では何をしているのか、といいますとシーメンス社が開発した

エンジニアリング・ソリューションに書いてあるNXは開発用ソフトで

これ1つ入れると様々なことができる総合ソフトです。(よくわかっていない人が書いているのがまるわかりですね。すみません。)

teamcenterは意思決定用ソフトになります。

https://www.isid.co.jp/neo-pro/whats/

電通国際情報サービス(ISID)は電通とGEから産まれたシステム屋さんで

社員のほとんどが分ジニアになります。

お給料も高く離職率が低いのも魅力ですね。

学生の時にISIDの知っていれば良かった。就職活動うければ良かったと一瞬思ったものの、良い大学とは言えず良い成績でないぼくは99.9999999999999%書類審査で落ちますね。

 

ISID売上も分野もとても幅広いので、

どのような時に業績が良くなるのかor悪くなるのかがよくわからないのでありました。

(それならこのブログをボツにすればいいのではないか。という話ですね。すみません。)

ただIoTなどどの業種でも今後もシステム開発は必要ですので今後の成長が楽しみですね!

 

 

 

 

 






Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください