2019-11-18

スプリックス(7030)の決算と新店・生徒数について調べてみました


スプリックスの決算を調べてみました。

増収増益です。森塾の開講による健全な成長をしていますね!

 

しかし、問題は来期で

■売上があまり伸びない

■減益

の予想をしています。

来期森塾は18教室増を予定しています。

18店増えるということは

115/(115-18)=1.18倍です。

この中で予定が3.8%増なのは控えめの予想なのかもしれません。

 

ただ気になるところとして
塾の出店余地ってあるのかな?というのはあります。
というのも

直営店の一店舗あたりの生徒数

二年前 26320/80=329名
一年前 30726/88=349名
今 期 31510/97=324名

と直営店の一店舗あたりの生徒数が減少しています。

2年前とほぼ同じという見方もできますが、二年前は新店の割合が多いわけで、今年より悪くて当然だと思うのです。

その中での18店増はどうなるのかとても気になります。

(FCのREDの50店舗増も同様ですがFCは売上の1/10が収入なのでそこまで大きくないですね。)

 

あと学習塾業界は

■市場→横ばい

■少子化だけど単価高騰

になっています。

しかし、どこかで高騰にも限度があるのではなのかというのは心配なところです。

 

色々書きましたが、しっかり黒字ですし計画の上振れは全然あるとも思います。

今後の成長が楽しみですね!








Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください