2019-03-21

エヌ・シー・エヌ(7057)と木造住宅を調べてみました


木造建築のSE構法を販売しているNCNを調べてみました。

SE構法とは何だろうかとホームページを調べてみますと

https://www.ncn-se.co.jp/industry/se/

耐震性のある木造建築の設計法になります。

国を上げて耐震性向上は行っておりますので、これからも需要はありそうです。

動画で見るととてもわかりやすいですね^^

 

木造建築でも耐震性がある建築物が増えていますので

これからもSE構造のニーズがありそうです。

 

さて有価証券報告書をみてみますと

受注は前年度より増えています。

今期売上は7%増収ですので

それよりもペースが良いので来期も期待できそうです。

 

ただ、上顧客が

アールシーコア
MUJI HOUSE

と書いてあります。

ログハウス販売企業ですね。

そこで
アールシーコア(7837)の短信をみてみますと
下方修正になってまして理由が

■カナダの山火事
■アメリカ・中国での木造建築旺盛のため木材がはいらなくて遅延のため

と書いてあります。

そうなると

■アールシーコアに影響があればNCNに影響はないのか?
■アメリカ中国の木造建築旺盛が続くのであれば木材高騰でログハウス高騰しないか?

というのは気になるところです。

とはいえ、木造建築で名を馳せているアールシーコアもMUJI HOUSE両方が採用しているということは素晴らしい技術なのは間違えないですね。

今後の展開が楽しみです。








Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください