2019-07-23

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)の下方修正を調べてみました


 

ジャパンインベストメントアドバイザーが下方修正を発表しました。

下方修正理由が

■組成案件が少ない

■定期保険の販売停止の対応が遅れた。

と書いています。

 

下方修正で

■組成できない

■売れない

では全く意味が違うと思っていて
今回のメインの理由は前者に読めますので、そこまで深刻ではないと思っています。

 

実際に案件組成額が大幅に伸びていますので、下期の売上は良さそうです。

とはいえ下期売上予想が

修正前 20500-8300=12200百万円
修正後 20000-6046=13954百万円

と15%以上上方修正されていています。

前期下期の売上は8860百万円ですので1.6倍以上の売上か必要になります。

そう思うとちょっとハードル高くない?とも思います。(でも前年同期比で組成額をみたら今の所問題ないようにも見えます。)

 

ただ自分か1番気になるのは、下期というか4Q以降というより来期の話かもしれませんが

■消費税が増税されたら景気が悪くなる可能性があり、JIAの商品は儲かった時のための税繰延商品なのでそれでも大丈夫なのか?

というところだったりします。

もちろん増税になっても景気悪くならないのが一番です。

これからの展開が楽しみですね!








Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください