2019-03-14

ギフト(9279)の好決算が事前にわかる方法を妄想してみました。


横浜家系ラーメン町田商店を展開するギフトが決算を発表しました。

 

4Qと比べてますと利益の伸びが素晴らしいです。

株探によると

4Q→1Q

売上 1891→2084

営業利益 163→297

です。

ではこの状況を事前に分かる方法はないのだろうか。

という事を考えたくなりました。

 

■ラーメンが美味しいから

だけでは説明にならないと思うので、先にわかる方法を無駄に考えてみました。

 

損益計算書によりますと

3Q

4Q

から

売上 1891

売上原価 2142-1578=564 (原価率29.8%)

販管費 4054-2888=1166(販管費率61.6%)

なのがわかります。

 

では1Qで計算しますと

原価率  618/2084=29.6%

販管比率 1168/2084=56%

と販管費率が大幅に下がっています。これが利益の秘訣ですね。

 

ではなぜ下がっているのだろうか。と考えた時に

新店の地代が今までよりも安いのでは?

と思いました。

1Qでは町田商店は4店舗を出店したですが

「町田商店名古屋茶屋店」「町田商店豊橋店」 「町田商店刈谷店」「町田商店元塩町店」すべて愛知県です。

名古屋・栄からかなり離れた場所でそのうえロードサイドなだけありまして、駅から歩いて行く人はほとんどいなさそうです。」

 

地図で見てみますと違いがわかります。

今までの店 1

今までの店 2

だったのが

 

新しい店1

新しい店2(茶屋)

新しい店3(豊橋)

です。

どう考えても地価が数倍違っていて、地代が安い分、お客様が同じように来たら利益率が全然違うと思います。

 

そう考えると

■はじめてのロードサイド店

■駅から遠い!その上名古屋の中心からもかなり遠い

とわかった所で「これは狙える!」と考えることもできますね!

しかし「本当に人が来るのか?」という自信がないと難しいので難しいのかもしれません。

まだまだぼくも修行が足りません。

今後の展開が楽しみですね!








Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください