2017-06-28

2017/06/28  タキヒヨー(9982) 1QとPERは有効指標ではない!?

名古屋の代表的繊維商社。

創業200年以上のタキヒヨーの決算です。
減収になっています。

感想も苦戦したと正直に書いてあります。

毎年3-5月はそれなりに数字が出ているので今期は想定外というのがよくわかります。

 

さて、今期は絶不調のタキヒョーですが純利益は前期の4倍を予定していまして1Qで28億も純利益が上がっています。

PERも6.3です。

何が起きたのかと思いましたら保有していた東京の土地を売却して41億円利益が出ています。

18890-15278=3612なので

36億を36+41=77億で販売したということですから昔から保有していた土地になりますね。

しかし、これは来期も土地を売るとかないですのでこのPER6というのはあまり意味が無いように思えます。

株始めた時に一時的な収入か継続的な収入かを考えずに「これはPER安い!」と思って考えて購入して東証に入金投資法をしてしまっていたむかしの自分を殴りにいきたくなります。

しかし、殴れないので今同じ失敗をしないように書いてみようと思ったのでありました。

追伸 PBR的には違った評価で書けそうですね。(自分はバリューが苦手なのでどなたか書いてくださると嬉しいです。)

 

 

 

   

facebook    にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください