2019-05-18

レアジョブ(6096)の決算と「法人向け英会話サービス」を調べてみました




レアジョブが決算を発表しました。

利益が上場前の水準に戻ってきていますね。

レアジョブの好調要因は
「法人向けサービス」が好調につきると思います。

個人向けとは別にページが作成されています。
https://www.rarejob.com/corporate/


金額は個人向けとほぼ似たような設定ですね。

あくまで想像ですが

「ホームページをキレイにしたらたくさんの企業が申し込みがあった」というより「営業をしっかりしたため取引社数」が増えた。

と考えるのが普通かと思います。

説明にもそのように書かれていますね。

法人だと顧客をリピートで紹介してくれるはず(新入社員は随時研修etc)なので、生徒獲得コストが長期で考えたら安くなると思います。

 

現在の成長率ですと、今期目標は達成可能だと思いますが

あえて言えば

 

■PERは高いので、どこまで織り込んでいるのか?(鈍化した時は急落可能性大)

■資料をみればまだまだ掘り起こしは可能だと思うのですが、本当にできるものなのか?

というのは気になるところです。

 

繰り返しになりますが

 

「個人向け」・・・・上手くなったら卒業、次の生徒の獲得難易度高い

「法人向け」・・・・上手くなったら卒業するけど次の新入社員が英語を学ぶので次の生徒の獲得難易度高い

 

なのでターゲットの変更はリンクバル「自社イベント→他社イベント」レベルの業態変換モデルだと思います。

気づいた人は値上がり益を取れて、「個人向け英会話は厳しいのでは?」という先入観で調べていなかった人はスルーしていた案件ですね。(もちろんぼくはスルーしていました。恥ずかしい。。。。)

今後の成長が楽しみですね!










Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください