お肉の異常値販売(ジャパンミート 3539)

むかしにくらべて

■とにかく品質!
■とにかく値段!

とが綺麗にわかれてるような気がします。

これは貧富の差が広がるとは別に
価値観が様々になったこととも影響しているのかなぁ。とも思います。

その後者の企業の一つにジャパンミートがあります。

http://www.japanmeat.co.jp

20160607_080023

ジャパンミートはジョイフル本田などでスーパーを展開しています。
20160607_080142
20160607_080114

株価も堅調に推移しています。

https://kabutan.jp/stock/chart?code=3539


さて、短信をみていましたら
ジャパンミートは定期的に異常値販売を行っている
と書いてありました。

本当に異常なことが定期的に行われていたら大変ですので、バーゲンということになると思うのですが

『異常値販売』

という言葉を発明した方は、それだけで金一封もらえるかと思います!

あと、お店レポのブログを読んで気がついたのですが

http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/1991

たくさんの量を買えば割引も大きいのですね!

業務スーパー(神戸物産)、ラムー(大黒天物産)など安さに特価したお店の業績はまだまだ好調なのでジャパンミートもまだまだいけるのではないかとは思うのですが、出店余地がどこまであるのだろうか。というのは関東に住んでいないぼくにとってはよくわからなかったりします。

ただ、お肉はごちそうという時代はいつになっても変わらないと思うのでこれからも美味しいお肉を提供してほしいですね!(^_^)/

追伸
先ほどの肉のハナマサレポを読んでて気がついたのですが、お肉はブロックでたくさん買っても、食べる人が少ないと余ってしまうので結果的に食べる分だけ買ったほうが安くつくのではないか。とも思ったり(^_^;)



    にほんブログ村 株ブログへ

2017-03-03 | Posted in 未分類No Comments » 

新着記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)