2018-07-11

プレステージ・インターナショナル(4290)を分析してみました

マジカルファンドガールみつば!がネットで話題になっていて
「こういった切り口の投信のアプローチというのはなかなかないなあ。」というのも
「これを窓口営業しているばあいみつば!の漫画使うのかなあ」。とかどうでも良いことをぼんやり考えるのですが

そんなみつば!は
三井住友・中小型株ファンド
http://www.smam-jp.com/sp/m-s_cap/index.html
の広告です。

このファンドの月次レポートをみてみますと


一番保有割合が高いのはプレステージ・インターナショナルです。
漫画によりますと素晴らしい銘柄をいれているみたいなので(ゴメンナサイ^^;)

プレステージ・インターナショナルを調べてみました。

基本データ

成長株だけどバブルでもないPERです。

売上・経常の推移(年間)

安定成長をしています。毎年10%程度増収ですね。

売上・経常・売上高経常利益率の推移(四半期)

4Qに強いですねが直近がかなりいいですね。

売上の伸びは少しずつ増えています。

売上原価率、売上高販管費率の推移

販管費が徐々に良化していますし、原価も直近は格段に良いですね。ただ原価は4Qの要因にみえます。

ROEROA

ROE14%を超えています。

有利子負債額・自己資本比率

配当推移

配当性向25%近辺ですね。

まとめ

普通に安定成成長している素晴らしい企業ですね。
投資信託も買いたくなるのがわかります。(みつばに対して何か言おうとおもったのてすが、想像以上に良くてびっくり。。。)
直近の販管費が減っているところはとこに素晴らしく感じます。

プレステージ・インターナショナルは様々な業種を手がけていまして

一番の稼ぎ頭は自動車のロードサービスになります。が全体の1/3です。

特徴が分かりづらいとも言えますが、リスク分散がしっかりとれているともいえます。
車トラブルのサポートってそんなに成長需要あるのかなぁ。とも思うのですが
たくさん事業があると他が育てば良いわけでそういった意味でも
今後の成長が楽しみですね!

■予約受付中■

  

   にほんブログ村 株ブログへ
&n
bsp;

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください