2019-05-17

インパクトホールディングス(6067)のインドのコンビニ事業について調べていました



インパクトホールディングスについて調べてみました。(調べるの遅すぎ。。。)

先日決算が発表されました。

スーパーなどの営業支援が好調ですね。


ただ、インパクトホールディングスは2019/5/17の時価総額は246億円でほとんどがインドのコンビニ進出事業の期待だと思います。

 

インドの大手メーカーCOFFEE DAYと組んで新たなコンビニを展開する予定です。

コンビニテックという事でITを駆使した次世代型コンビニを展開するとの事で

インドは言うまでもなく人口は10億人以上でアッパーミドルだけでも3.5億人ですので

成功したら凄まじい事になりそうです。

 

ただ、読んでいて2つ思ったことがありまして

1.インパクトホールディングスの資料は数十年先の事を書いていないかなぁ?

資料の表紙には「2万店舗1兆円に向けて」と書いてあります。

それだけ売れれば、利益も500億はありそうですので。時価総額250億円も格安になります。

確かにCoffee Day Gruopが大企業にみえます。(実際大企業)

で、現状のCoffee Day Enterprises は

売上621億 経常111億(コーヒー事業以外も含めての数字です)です。

「利益率が良い素晴らしい企業」なのは間違えありませんが(純利が大幅に減っているのはちょっと気になる。)

そんな大企業でも大企業でも621億円です。インドは日本より物価が安いということもあるでしょう。

それに主力のコーヒー事業で20年かけて2700店舗が、

ゼロからのスタートで

■20000万店舗

■1兆円

と書くのは、目標としてはわかるのですがかなり遠い未来なのではないかと思いました。

そうなると市場の期待に応えられる

 

2.なぜ他社はインドにコンビニを作らなかったのだろうか

 

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど海外事業を展開する大企業は多々あり、

それこそ今まで培った実績もありますのでインパクトホールディングスが展開するより。成功するような気がします。

でもしないのは「慣習がないので受入ないのでは?」「進出に適しているのはもう少し立ってから」と思っているような気がします。

今ではインドではコンビニがほぼありません。

とはいえ、インパクトホールディングスの福井社長はセブンイレブン出身ですので、コンビニ業界の事は知っている人です。知らない人がビジネスするとは意味が違います。

そうなると慣習がないわけで、そこを「大手が怖がっているうちに勝負しよう」という事だけなのかもしれません。

ただ「インパクトホールディングスが成功したときに、セブンイレブン・ファミリーマートが後出し進出してこないか?」という心配もあります。

 

いろいろ書きましたが、インパクトホールディングス史上最大の勝負なのは間違えなく、成功してもそうでなくても「挑戦する姿勢」は心から素晴らしいと思っていますし、失敗したからと言って叩くような人にはなりたくないと思っています。

成功が楽しみですね!








Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください