2018-10-24

2018.10.24 イントラスト(7191)の下方修正が教えてくれるものについて考える。

イントラストが下方修正を発表しました。

通期も同様の下方修正です。

内容を見てみますと

全体的に下がっていますが、ソリューション事業の新規受託が上手くいっていないのが気になります。

なぜなら1Qでは好調と書いてあったからです。

ということは2Qで一気に悪くなった可能性があります。

(ちなみにソリューション事業とはこの事です)

推移を見てみましたら

売上が上がるのを見込んで人材確保したら上がらなかったというのがわかります。

イントラストのソリューションの件数が伸びないという事は、住宅が予想以上に売れていない(動いていない)可能性があります。ただ、他社にシェアを取られた可能性も少しあるかもしれませんが。

 

これがイントラストだけの問題なのか、不動産業界全体の転換点なのかどちらなのか気になるのでありました。

 

  facebook    にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください